2016年9月28日号

今年は生誕300年!若冲ゆかりの京都へ 近年高い人気を誇る江戸中期の絵師・伊藤若冲は、今年生誕300年を迎えます。これを記念し、若冲が生まれた京都の地でさまざまな企画展が開催されています。この秋は、若冲ゆかりのスポットが点在する京都をめぐってみませんか?

01
奇想の画家 伊藤若冲
「奇想の画家」と呼ばれ、人気を集める伊藤若冲。その人物像や作風、人気の秘密を探ってみましょう。
Q.伊藤若冲ってどんな人?
江戸時代中期に京都で活躍した絵師・伊藤若冲は、1716(正徳6)年に京都・錦小路の青物問屋「桝屋」の長男として生まれました。23歳の時、4代目枡屋(伊藤)源左衛門を襲名しますが、40歳で弟に家督を継ぎ、早々に隠居して画業に専念。当時は家からほとんど出ずに、縁側に放し飼いにした鶏をスケッチし続けていたという逸話が残っています。
Q.どんな作品を描いたの?
若冲は、初めは狩野派や中国絵画を学んでいましたが、流派にこだわらずさまざまな画風を取り入れ、独自のスタイルを築いていきます。細部まで描き込まれた驚くほど緻密な描写、めくるめく濃密な色彩。さらに、西洋画を彷彿とさせるモザイク画や点描画など、独創的な表現は見る者を圧倒します。
Q.どうしてこんなに人気があるの?
1970(昭和45)年、美術史家の辻惟雄が自著『奇想の系譜』で若冲を取り上げたことが、再評価のきっかけになったといわれています。その後、2000年に京都国立博物館で行われた「特別展覧会 没後200年 若冲 Jakuchu!」展で人気に火がつき、商品デザインやミュージックビデオに使われるなど広く知られるようになりました。
アプリ「マイフェバ」で、このマークがついているスポットにチェックインすると200コインがもらえます。
この秋押さえておきたい!若冲展&ゆかりのスポット
10月のプレゼントに登場!
オリジナル巾着・トートバッグ
この秋押さえておきたい!若冲展
伊藤若冲の生誕300年を機に、その独自の世界観、優れた作品の数々が18世紀の京都だからこそ生まれたことを再確認する、京都と若冲の関わりをひもとく展覧会です。100点以上の作品を通して若冲の魅力を存分に伝える、京都ならではの展示は必見です。 京都ならではの展示は若冲ファン必見 生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲 期間 2016年10月4日(火)~12月4日(日)会場 京都市美術館
09
「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」を詳しくみる
「京都市美術館」を気になるスポットに追加
生誕300年記念 伊藤若冲展 若冲ゆかりの寺で名品の数々を鑑賞
伊藤若冲は相国寺の大典和尚と親交が深かったと伝えられています。今回の展覧会では、若冲が相国寺へ永代供養として奉納した「動植綵絵30幅」の複製品や、鹿苑寺(金閣寺)大書院の障壁画50面(重要文化財)などを展示しています。
右. 伊藤若冲「芭蕉小禽図」/大光明寺蔵 下. 伊藤若冲「鹿苑寺大書院旧障壁画 双鶏図貼付」/鹿苑寺蔵(重要文化財)
「生誕300年記念 伊藤若冲展」を詳しくみる
「相国寺承天閣美術館」を気になるスポットに追加
期間 2016年7月1日(金)~12月4日(日)会場 相国寺承天閣美術館
この秋押さえておきたい!ゆかりのスポット
錦小路の青物問屋「桝屋」の長男として生まれた伊藤若冲。近年見つかった史料「京都錦小路青物市場記録」から、青物立売市場の営業認可をめぐって、若冲が青物問屋の主人として調整活動に活躍していたことがわかり、実務家としての意外な一面が明らかになりました。 奇想の画家が生まれた錦市場を歩こう 錦市場商店街
「錦市場商店街」を詳しくみる
「錦市場商店街」を気になるスポットに追加
本堂裏山にある五百羅漢像は、若冲が下絵を描き、石工に彫らせたもの。怒った顔や泣いた顔、笑った顔など、苔むした石の表面に見られる豊かな表情が印象的です。本堂南には若冲の墓もあり、若冲ファンなら一度は訪れたいスポットです。 若冲が手掛けた素朴な石仏に癒されて 石峰寺
「石峰寺」を詳しくみる
「石峰寺 」を気になるスポットに追加
17
01.ご朱印帳2,000円。髑髏の記念スタンプ(紙朱印)は9:00〜16:00に授与。赤色は通年、他のカラーは毎月異なります ※記念スタンプの終了時期は未定 02.巾着1,000円、トートバッグ1,800円。トートバッグは赤、黒、ピンクの3色で、ピンクは宝蔵寺の限定色です 若冲の生家である伊藤家の菩提寺。若冲の父母と弟の墓石が建立されています。「髑髏図」「竹に雄鶏図」などの若冲作品を所蔵していて、生誕300年を記念して始めた「髑髏図」をモチーフとしたご朱印が人気を集めています。 若冲作品をモチーフとしたご朱印が大人気 宝蔵寺
「宝蔵寺」を詳しくみる
「宝蔵寺」を気になるスポットに追加
10月のプレゼントに登場!
「くろ谷さん」の通称で親しまれる浄土宗大本山。伊藤若冲の「群鶏図」屏風を所蔵し、特別公開の際に一般公開しています。今年の特別公開は11月1日(火)〜12月4日(日)の約1カ月間。境内の見事な紅葉とともに、若冲作品を楽しんでみては。 若冲作品と紅葉が楽しめる特別公開がおすすめ 金戒光明寺 上.伊藤若冲「群鶏図」/金戒光明寺蔵 下左右.写真:水野克比古
「金戒光明寺」を詳しくみる
「金戒光明寺」を気になるスポットに追加
便利な特別観光バスも運行中!
京阪バス 京都定期観光バス 秋の特別コース
「今、京都で話題の!! 若冲と京都鉄道博物館」
※ホテルオークラ「桃李」昼食付き 運行日:2016年10月6日(木)〜10月21日(金)の木・金曜 料金:大人12,600円、小児8,310円 コース:10:50JR京都駅烏丸口集合→旧三井家下鴨別邸→「あさが来た」広岡浅子ゆかりの施設(1階部分のみ)→相国寺承天閣美術館「生誕300年記念 伊藤若冲展」→京都鉄道博物館 ※ホテルオークラ「桃李」昼食付き ※京都鉄道博物館でのJR西日本社員による簡単な解説付き お問い合わせ:京阪バス TEL:075-672-2100 (7:40〜20:00)
ご予約はこちらから!

掲載情報は2016年9月28日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。

コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
今月のプレゼント
AppStoreからダウンロード
GooglePlayでアプリをチェック
アプリ詳細へ