The Legacy of EXPO’70 建築の記憶―-大阪万博の建築

ザレガシーオブエキスポ’70 ケンチクノキオク―オオサカバンパクノケンチク
  • 気になる
    10

設計図や模型写真、貴重な資料が公開

重く巨大な構造物から、軽く小さな動くものへと建築の在り方の転換を予測させた大阪万博。万博会期終了後には取り壊されることが前提となっていたパビリオンについて、これまで公開される機会の少なかった資料を中心に紹介される。今なお語り継がれるパビリオンが遺したものは何なのか。対談やガイドツアー、映画祭なども予定されている。

開催日 2017325日(土)〜201774日(火)
開催時刻:10:00~17:00(最終入館16:30)
休館日:水曜(祝日の場合は翌日の木曜が休館。ただし、4月1日(土)からゴールデンウィークまでは無休)
開催場所 万博記念公園 自然文化園内(EXPO’70パビリオン)
住所 大阪府吹田市千里万博公園
URL http://www.bmkkc.or.jp/expo70pavilion/publics/index/17/
料金 一般400円、中学生以下無料
※別途自然文化園入園料が必要
※ただし、常設展入場券200円を同時にお買い求め頂いた方は100円引き
お問い合わせ EXPO'70パビリオン
TEL:06-6877-4737
主催 一般社団法人 関西環境開発センター
チェックイン0
気になる10

1/エキスポタワー真鍮模型2002年2016年制作 PHOTO 松浦弘昌
2/アメリカ館建設現場記録画像 画像提供 太陽工業株式会社

掲載情報は2017年3月15日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

周辺のスポット

  • 大阪府
    27
    154

    昭和45(1970)年、千里丘陵で開催された日本万国博覧会の跡地に広が…

  • 大阪府 大阪その他
    29
    131

    ”みんぱく”で世界のくらしや文化に触れよう

周辺のイベント