2019年3月27日号

鹿児島・宮崎・熊本の魅力をお届け!南九州ときめき旅

自然や歴史文化を体感 土地の魅力発見! in 熊本

日本有数の活火山・阿蘇山のすべてがわかる博物館や復旧完了が待ち遠しい熊本城は、まさに熊本県を象徴するスポット。自然を体感するとともに歴史にもふれることができ、熊本のことを深掘りできる施設を紹介します。

「阿蘇火山博物館」の臨場感あふれる展示で阿蘇火山について詳しくなろう!

「阿蘇火山博物館」は、世界最大級の規模を誇る阿蘇カルデラを擁する阿蘇ユネスコジオパーク内にあります。

阿蘇火山博物館
日本を代表する活火山・阿蘇火山をはじめとする日本や世界の火山、現在も噴煙を上げ続ける中岳の火山活動についての資料を常設展示。植物、動物、鉱物など阿蘇の自然や歴史についても紹介しています。

阿蘇火山博物館
阿蘇カルデラができる仕組みは、動くジオラマでわかりやすく説明しています。

一番の見どころは、火口の様子をリアルタイムで知ることができる「火口ライブ中継コーナー」。

阿蘇火山博物館
中岳火口壁に設置されている2台のカメラを通じて、映像とともに音が流れます。風向きや天候で火口見学が規制されているときでも、臨場感あふれる火口見学が楽しめます。

阿蘇火山博物館 ミュージアムツアー(入館料込み)大人1,200円、大学生1,000円、高校生900円、中学生800円、小学生600円、65歳以上900円
展示物の詳しい解説や実験を用いた学習活動を行うミュージアムツアーも開催。より深く阿蘇火山のことを知りたいなら、ぜひ参加してみて。

ミュージアムツアーでは、火山の成り立ちなどを学芸員さんがわかりやすく説明してくれます。阿蘇火山ができるまでを示したジオラマは大迫力。防災学習では地震から身を守る方法を考える力がつきます。 

「球泉洞」で自然がつくる神秘の世界を体感

「球泉洞」は、1973(昭和48)年に発見された九州最大、日本でも有数の大きさの総延長約4.8kmに及ぶ鍾乳洞です。海底の石灰岩層が隆起してできた石柱や石筍は、まさに自然がつくり出した芸術作品。

球泉洞
約3億年かけてできた鍾乳洞は今でも成長を続け、神秘的な空気に包まれています。

見学は、500mの一般コースもありますが、地底200mに挑戦する探検コースが断然おすすめ。

球泉洞
まずはヘルメット、長靴、ヘッドライトを装着して出発します。高低差50mある洞窟の中を氷のように冷たい地下水脈の側を歩いたり、低い石のアーチをくぐったりして冒険気分を味わって!

自然がつくり出した幻想的な光景を目にし、ほれぼれとしました。そこまでの道のりが険しかったからこそ美しく、また、自然の険しさも同時に肌で感じることができました。 球泉洞 森林観光部長 大岩さん:探検コースでは、たて穴を下ると地底の滝・川があり、終点ではシャンデリア状の鍾乳石が出迎えてくれます。

激流を下る「くま川ラフティングアポロ」でアクティブ体験!

「くま川ラフティングアポロ」では、九州唯一のラフティングスポット、球磨川(くまがわ)を拠点にラフティングツアーを開催しています。

くま川ラフティングアポロ
日本三大急流に数えられる球磨川で体験する自然のウォーターシュートは迫力満点! 激流に乗って岩場をすり抜けるスリルを存分に味わいましょう。

くま川ラフティングアポロ
ツアーには経験豊富なリバーガイドが同行するので、初めての人でも泳げない人でも安心して参加できます。

くま川ラフティングアポロ
清流にたどり着いたらひとやすみ。手をつないで空を仰いだり、写真を撮ったり…。大自然を全身で体感しましょう。
宿泊プランもあるので、一泊してのんびり過ごすのもおすすめ。

非日常な体験がいっぱいで、いい思い出になりました! 社長さんのラフティングへの熱い想いを聞けたことも貴重な体験です。また、自然の怖さを実感することもできました。 ラフティング会社アポロ 社長 菊池さん:激流を自分で漕いで下るウォーターシュートは最高です。一度トライしてみてください。

復旧が待ち遠しい「熊本城」の今の姿を目に焼き付けよう

名古屋城、大阪城と並び日本三名城に数えられる「熊本城」。築城の名手と呼ばれた初代熊本藩主・加藤清正によって築かれ、別名「銀杏城」と呼ばれています。

熊本城 震災前の天守閣
提供:熊本城総合事務所

2016年4月に熊本を襲った地震により、現在はその雄大豪壮な構えは見ることができませんが、復興見学ルートが整備され、天守閣の復旧工事の様子を周辺から見学できます。

熊本城 宇土櫓(手前)と復旧工事中の天守閣
撮影日:2019年1月22日

2019年秋の大天守外観の復旧に合わせて、10月5日から原則日曜、祝日に限定の特別公開第1弾が始まります。天守閣内部には入れませんが、外観を間近に見ることができるように。
※10月5日~14日の平日、10月5日、12日、11月30日、12月7日、14日の土曜は公開予定。時間帯等詳細は熊本城ホームページ参照

熊本城 高橋公園内に立つ、横井小楠と維新群像
熊本城周辺には、横井小楠と維新群像や加藤清正像など城や熊本の歴史にまつわる見どころが点在しています。おさんぽ気分でゆっくりとめぐってみては?

熊本の歴史や文化、郷土名物がそろう「桜の馬場 城彩苑」

熊本城の南西に位置する「桜の馬場 城彩苑」は、熊本の食文化や歴史、伝統といった城下町の魅力を発信する施設です。

桜の馬場 城彩苑
「桜の小路」には、熊本県下から選りすぐられた23店が軒を連ねています。江戸時代の城下町を再現したエリアは歴史情緒たっぷり。

桜の馬場 城彩苑
からし蓮根や馬肉、熊本銘酒、お菓子などの特産品を扱うおみやげ処で熊本名物を持ち帰り! たっぷりの野菜とあっさりスープに春雨が入った郷土料理「太平燕(たいぴーえん)」などが食べられる食事処も外せません。

桜の馬場 城彩苑
「熊本城ミュージアム わくわく座」では、熊本城の歴史を展示や映像で紹介し、プロジェクションマッピングや被災映像で熊本城の被災・復旧を伝えています。
ほかにも時代衣装に着替える「なりきり体験」、寸劇観賞といった体験もできます。

公式アカウントで最新情報を配信中!
マイフェバ公式ツイッター
マイフェバ公式Instagram

掲載情報は2019年3月27日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
船の所要時間は、時間帯、交通事情、利用する港により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
今月のプレゼント
AppStoreからダウンロード
GooglePlayでアプリをチェック
アプリ詳細へ
今は設定しない