2019年3月25日号

県央・上越・佐渡エリアを満喫! まるっと新潟ぶらり旅

県央

貴重な見学ができる伝統的なものづくりの町

新潟県の中央に位置する県央エリア。世界的にも有名な「ものづくり」の町で伝統工芸の見学ができます。自然に囲まれた歴史ある神社や、穴場の老舗ベーカリーのサンドパンなどもご紹介します。

私たちがオススメします!関西大学

新潟屈指のパワースポット「彌彦神社」で運気アップを願う

霊峰弥彦山の麓に鎮座する「彌彦神社」は天香山命 (あめのかごやまのみこと)を御祭神とする越後一宮です。万葉の時代から「おやひこさま」と呼ばれ、地元の人々の信仰を集めてきました。

彌彦神社 一の鳥居
境内への入口には高さ約6mの一の鳥居がそびえ立ち、参拝者を迎えます。朱塗りの鳥居は、かつて社殿が朱塗りであった名残りといわれています。

彌彦神社 玉の橋(たまのはし)
一の鳥居をくぐると、左手に現れる赤い橋も見どころのひとつ。玉の橋と呼ばれるこの橋は神様がお通りになるとされる神聖な橋で、人は渡ることができません。

彌彦神社
樹齢400年を越えるスギやケヤキに囲まれた境内は神秘的な空気が漂い、歩いているだけですがすがしい気分になれますよ。

彌彦神社 拝殿
境内の奥には拝殿とその奥に本殿が立っています。彌彦神社の社殿は明治末に焼失したため、1916(大正5)年に再建されたものですが、弥彦山を背に立つ荘厳な佇まいは見応えがあります。開運を願って手を合わせ、パワーを授かりましょう。

万葉集にも詠われるほどの歴史ある神社では、朝の散策がおすすめ。静けさに包まれ、少しひんやりとした空気を感じながら境内を歩くと、穏やかな気持ちになれます。

「TOJIRO OPEN FACTORY(藤次郎オープンファクトリー)」で刃物づくりを体感

金属加工の町として知られる新潟県燕市。なかでも「最高の切れ味」にこだわり、創業以来高い品質の刃物を作り続ける「藤次郎」は国内外から評価される刃物メーカーです。

TOJIRO OPEN FACTORY
2017年には、藤次郎のものづくりを間近で見られる工場見学施設「TOJIRO OPEN FACTORY」が竣工され、注目を集めています。

TOJIRO OPEN FACTORY
刃物メーカーとしては国内屈指の工場施設となるこちらの施設では、誰でも見学専用の通路を通り、包丁を作る工程を間近で見学することができます。

TOJIRO OPEN FACTORY
館内には、工程や説明を分かりやすく表現したサインが設けられているほか、製造ラインを全体的に見ることができる中2階のスペースもあり、見学しやすい設計が魅力です。

TOJIRO OPEN FACTORY
普段はなかなか味わえない工場内の音や熱気、独特のにおいをダイレクトに感じながら、ものづくりのおもしろさや素晴らしさにふれてみましょう。

国内のみならず海外でも有名な「藤次郎」の包丁づくりの工程をじっくり見学できます。工場ならではの音や熱気、職人の繊細な技術を肌で感じ、ぜひその迫力を体感してみてください。

「らーめん 勝 燕店」の背脂たっぷりラーメンに舌鼓♪

新潟県燕市や三条市で昔から愛される背脂系ラーメン。「らーめん 勝 燕店」では背脂たっぷりのラーメンを踏襲しながらも、脂のしつこさを感じないあっさりとした味わいのラーメンが楽しめます。

らーめん 勝 燕店
看板にも「一杯の芸術」とうたわれているだけあって、提供するラーメンは麺やスープ、器に至るまでこだわりがいっぱいです。

らーめん 勝 燕店
自慢の麺は、北海道産の小麦粉を使用した自家製麺。その日の温度や湿度によって配合を変えることで、弾力としなやかさを保ちモチモチの歯応えが楽しめます。

らーめん 勝 燕店 中華そば700円
豚肉は良質な脂肪やアミノ酸などを多く含む八幡平ポークを使用し、豚骨と煮干しを丁寧に仕込んだスープも旨みとコクがたっぷり。太麺との相性も抜群です。
また、丼にも燕市特産のメタル丼を使用するこだわりぶり。ステンレス中空二重構造でスープの熱さを保つことができるので、いつでもアツアツが味わえます。

太麺にタマネギがアクセントとなり、あっさりしていて女性が食べやすいのが背脂ラーメンの特長。温かさが持続する特産品のメタル丼を使用しているのも燕三条ならではです。

金鎚の音が鳴り響く! 老舗「玉川堂 燕本店」で鎚起銅器の製作を見学

1816(文化13)年の創業以来、鎚起銅器(ついきどうき)の製造を行う「株式会社 玉川堂 燕本店」。鎚起銅器とは、金鎚で打ち起こしながら器を作りあげていく銅器で、燕市の金属加工業の基礎を築いたともいわれます。

玉川堂 燕本店 (左から)フラワーボール陽、月、海 ※商品に花は含まれません。
玉川堂では200種類ほどある金鎚や木槌を使う“鎚起”の技法で銅板を加工し、急須やビールカップ、一輪生(一輪挿し)などさまざまな製品を作っています。他にはない多様な銅器の色合いは、独自の着色技法によるものです。

玉川堂 燕本店
職人さんが鎚起銅器の製作を行っている作業場は、1日5回の時間制で見学することができます。

玉川堂 燕本店 見学時間:10:00~、11:00~、13:00~、14:00~、15:10~
定休日:日曜・祝日

さまざまな道具を使い、一枚の銅板から形を作りあげる技術は、生で見ると感動もひとしおです。200年受け継がれる職人技と鎚起銅器の品質をぜひ間近で見学してみてください。

銅板を打ち縮めて製作する鎚起銅器の伝統技術を200年にわたって受け継ぐ老舗企業。一切の塗料を使わない着色は鮮やかで、貴重な人間国宝の作品にもふれることができます。 玉川堂 燕本店 ヘッドランド・マシューさん:職人の作業工程を詳しく説明します。見学後の座敷で玉川堂の世界観を味わってくださいね。

昔ながらの製法にこだわる「山田ベーカリー」のサンドパンでおやつタイム♪

創業80余年の老舗「山田ベーカリー」は、地元の人に愛され続ける家族経営のパン屋さん。店構えが新しくなっても、変わらない味を求める常連客の期待に応え、素朴で懐かしい味わいのパンを提供し続けています。

山田ベーカリー
販売方法も昔ながらの対面式。ショーケースには、レトロなパッケージがかわいいパンや、食パンを買うとその場で塗ってもらえるというクリームが並びます。

山田ベーカリー
普段は約40種類ほど店頭に並ぶというパンのなかでも、一番人気は「サンドパン」。
新潟県民が親しんできたご当地パンでもあるサンドパンは、コッペパンにバタークリームを挟んだシンプルな味わいのパンです。

山田ベーカリー サンドパン110円
山田ベーカリーのサンドパンは、ふわふわのコッペパンと甘さ控えめの自家製バタークリームが特徴。しっとりした生地となめらかなクリームの食感もクセになります。

今どきのパン屋さんにはない、ホッとする雰囲気や味わいを楽しんでみてください。

昔ながらのコッペパンにほんのり甘バタークリームを挟んだサンドパンが人気。シンプルながら素朴なおいしさが光ります。店によって異なる包装もかわいく集めたくなります。

公式アカウントで最新情報を配信中!
マイフェバ公式ツイッター
マイフェバ公式Instagram

掲載情報は2019年3月25日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
船の所要時間は、時間帯、交通事情、利用する港により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
今月のプレゼント
AppStoreからダウンロード
GooglePlayでアプリをチェック
アプリ詳細へ
今は設定しない