企画展「いしかわ中世のやきもの」

キカクテン イシカワチュウセイノヤキモノ

中世石川の陶器生産の歴史をひもとく

能登半島の先端で生産された珠洲焼をはじめ、加賀地方では加賀焼が流通し、近年では能登半島で新たに窯跡が発見されるなど、中世の加賀・能登では複数の窯が操業し、各地で高まる生活用陶器の需要を満たしていた。本企画展では館蔵の珠洲焼に加え、加賀焼をはじめとする県内のその他の窯の製品を紹介し、中世における加賀・能登の陶器生産に迫る。

開催日 20181215日(土)〜2019120日(日)
開館時間:9:00~17:00(最終入室16:30)
休館日:12月28日(金)~1月3日(木)
開催場所 いしかわ赤レンガミュージアム 石川県立歴史博物館
住所 石川県金沢市出羽町3-1
アクセス JR各線「金沢駅」から北鉄バス「出羽町」下車、徒歩5分
URL http://ishikawa-rekihaku.jp/
料金 観覧料:一般300円、大学生240円、65歳以上240円、高校生以下無料
お問い合わせ 石川県立歴史博物館
TEL:076-262-3236
  • 企画展「いしかわ中世のやきもの」

掲載情報は2018年12月5日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小
  • 鈴木大拙館
    石川県 金沢市及び近郊
    217
    18

    金沢の地が生んだ仏教哲学者の思想に触れる

  • 金沢市立中村記念美術館
    石川県 金沢市及び近郊
    80
    11

    時代を超えて愛される茶道美術のコレクション

    初回100コイン
  • 金沢神社
    石川県 金沢市及び近郊
    2
    1

    寛政6(1794)年に創建された神社。明治7(1874)年までは、例祭…

  • 陶芸工房 北陶
    石川県 金沢市及び近郊
    16
    4

    多くの作家を輩出している工房で陶芸体験

おすすめ記事