カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌

カリカチュールガヤッテキタ 19セイキサイコウミネノフウシガ

フランス発の諷刺雑誌「カリカチュール」の世界へ

さかのぼることおよそ200年前、フランスで創刊された雑誌「カリカチュール」。当時の権力者たちを揶揄するブラックユーモアに満ちた諷刺画が多数掲載され、言論の自由を象徴するような内容は今なお高く評価されている。本展では筆頭画家として活躍したグランヴィルや後半に同誌を牽引したドーミエらの主要な諷刺画を紹介。また、同誌廃刊後に夢想的な挿絵画家に転身したグランヴィルの後半生にも焦点を当てる。

開催日 2019112日(土)〜2019224日(日)
開催時刻:10:00~18:00(最終入館17:30)
休館日:月曜(1月14日・2月11日は開館、1月15日、2月12日は休館)
開催場所 伊丹市立美術館
住所 兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20
URL http://artmuseum-itami.jp/jp/category/exhibition/upcoming_exhibition/
料金 入館料:一般500(400)円、大高生250(200)円、中小100(80)円
※( )内は20名以上の団体割引
※兵庫県内の小中学生はココロンカード呈示にて無料
※4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60歳以上、土日祝65歳以上)
お問い合わせ 伊丹市立美術館
TEL:072-772-7447
  • カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌
  • カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌
  • カリカチュールがやってきた 19世紀最高峰の諷刺雑誌

1/J.J.グランヴィル《動物界 - 博物学の部屋 3》『カリカチュール』第133号1833年5月23日刊、リトグラフ 伊丹市立美術館蔵
2/シャルル・フィリポン《壁の塗り替え》『カリカチュール』第35号1831年6月30日刊、リトグラフ 伊丹市立美術館蔵
3/オノレ・ドーミエ《1831年の仮面の数々》『カリカチュール』第71号1832年3月8日刊、リトグラフ 伊丹市立美術館蔵

掲載情報は2018年12月14日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

おすすめ記事