驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ

キョウイノチョウゼツギコウ メイジコウゲイカラゲンダイアートヘ

多種多様な技法で創り出された明治工芸と現代アート

本物と見まがう野菜や果物、精緻な装飾や細かなパーツで表現された器やオブジェ…etc。明治工芸と現代アート作品の数々が、あべのハルカス美術館に集結! 会場には、七宝、金工、牙彫など、19世紀後半に超絶的な技巧で海外でも高く評価された明治工芸と、それに匹敵する技術とセンスを持つ現代作家たちの作品が約140点も展示される。

開催日 2019126日(土)〜2019414日(日)
開催時刻:火~金曜10:00~20:00、月曜、土・日・祝10:00~18:00
※最終入場は閉館30分前まで
休館日:1月28日(月)、2月18日(月)、3月4日(月)、18日(月)
開催場所 あべのハルカス美術館
住所 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
あべのハルカス16F
URL https://www.aham.jp/exhibition/future/tyouzetugikou/
料金 当日券:一般1,300円、高校・大学生900円、小・中学生500円
お問い合わせ あべのハルカス美術館
TEL:06-4399-9050
主催 あべのハルカス美術館
毎日新聞社
MBS
  • 驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ
  • 驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ
  • 驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ

1/【牙彫】安藤緑山《パイナップル、バナナ》清水三年坂美術館蔵
2/【木彫】前原冬樹 《一刻:皿に秋刀魚》 2014年
3/【陶磁】稲崎栄利子《Arcadia》2016年

掲載情報は2019年1月15日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

おすすめ記事