幸若舞曲と絵画

コウワカブキョクトカイガ

源平合戦のエピソードなど豪華な物語絵の世界

室町時代から江戸時代初期にかけて流行した芸能「幸若舞曲」。本展覧会は、当館所蔵の《舞の本絵本》(全47冊)を軸に、桃山時代から江戸時代に描かれた関連作品を紹介し、幸若舞曲の絵画をひとつのジャンルとしてとらえようとする試み。武将たちが愛した贅沢で華やかな物語絵の世界を楽しんでみてはいかが。

開催日 201932日(土)〜2019512日(日)
開催時刻:10:00~17:00(最終入館16:30)
休館日:月曜(ただし祝日の4月29日、5月6日は開館)、5月7日
開催場所 海の見える杜美術館
住所 広島県廿日市市大野亀ヶ岡10701
URL http://www.umam.jp/exhibition20190302.html
料金 入館料:一般1,000円、高・大学生500円、中学生以下無料
お問い合わせ 海の見える杜美術館
TEL:0829-56-3221
  • 幸若舞曲と絵画
  • 幸若舞曲と絵画
  • 幸若舞曲と絵画
  • 幸若舞曲と絵画

1/ 《夜討曽我絵巻》 9巻 江戸時代 17世紀 海の見える杜美術館
2/ 《舞の本絵本》 47冊 江戸時代 17世紀 海の見える杜美術館
3/ 《曽我物語図屏風》 六曲一双 桃山時代 16世紀 渡辺美術館 撮影者:吉岡由哲
4/ 《平家物語扇面画帖》 2帖 江戸時代 17世紀 海の見える杜美術館

掲載情報は2019年2月18日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

おすすめ記事