琳派展21 没後200年 中村芳中

リンパテン21 ボツゴ200ネン ナカムラホウチュウ

ほのぼのとかわいらしい芳中画にくぎづけ

江戸後期に京都で生まれ、大阪を中心に活躍した琳派の絵師・中村芳中。没後200年を記念して開催される本展では、近年そのゆるい表現が「かわいい」と評される芳中の作品の数々を紹介。草花を描いた屛風や扇面、人気の高い版本『光琳画譜』のほか、山水画や指頭画、俳画や俳書の挿絵など、ほのぼのと愛らしい芳中画の世界を楽しんで。

開催日 20191026日(土)〜20191222日(日)
開館時刻:10:00~18:00(最終入館17:30)
閉館日:月曜(祝日の場合は翌日)
開催場所 細見美術館
住所 京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
アクセス 琵琶湖線「山科駅」から地下鉄東西線「東山駅」下車、徒歩7分 または、JR各線「京都駅」から地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」乗り換え、地下鉄東西線「東山駅」下車、徒歩7分 または、JR各線「京都駅」から市バス「東山二条・岡崎公園口」下車、徒歩3分
URL https://www.emuseum.or.jp/
料金 入館料:大人1,400 円、学生1,100 円
お問い合わせ 細見美術館
TEL:075-752-5555
主催 細見美術館
  • 琳派展21 没後200年 中村芳中
  • 琳派展21 没後200年 中村芳中
  • 琳派展21 没後200年 中村芳中
  • 琳派展21 没後200年 中村芳中

1/中村芳中〈白梅小禽図屛風〉 細見美術館蔵
2/中村芳中〈花卉図画帖〉より「七月 芥子」 細見美術館蔵
3/中村芳中〈六歌仙図〉 新古美術わたなべ蔵
4/中村芳中〈月に萩鹿図〉 細見美術館蔵

掲載情報は2019年10月15日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない