開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために[2]

カイカン15シュウネンキネン ゲンザイチ ミライノチズヲエガクタメニ 2

コレクション作品から考える現在地と未来地図

開館前の2000年から20年の間に収蔵してきた約3,880件に上るコレクション作品からは、目まぐるしく変化する社会や時代の空気を鋭く読み取る作品が増えたことが分かる。開館15周年を迎え改めて、多様化、複雑化する現代において自分たちの現在地を見据え、未来に向けてどのような地図が描けるのかを考える。

開催日 20191012日(土)〜2020412日(日)
※上記期間のうち、2019年10月12日~12月19日、2020年2月4日~4月12日のみ開催
※前期2019年10月12日(土)~12月19日(木)、後期2020年2月4日(火)~4月12日(日)
開催時刻:10:00~18:00、金曜・土曜:10:00~20:00
休館日:月曜
全館休館日:2019年12月20日(金)~2020年2月3日(月)
開催場所 金沢21世紀美術館
住所 石川県金沢市広坂1-2-1
アクセス JR各線「金沢駅」から北鉄バス「広坂・21世紀美術館」下車すぐ
URL https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1770
料金 本展観覧券:大人450円、大学生310円、小中高生無料、65歳以上360円
お問い合わせ 金沢21世紀美術館
TEL:076-220-2800
  • 開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために[2]
  • 開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために[2]
  • 開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために[2]
  • 開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために[2]

1/金氏徹平《Endless, Nameless #1》2014
photo: KIOKU Keizo © KANEUJI Teppei
2/上出長右衛門窯+丸若屋《髑髏 お菓子壺 花詰》 2009
photo: SAIKI Taku © Kamide Choemon Gama © Maruwakaya
3/クリス・バーデン《メトロポリス》2004
photo: KIOKU Keizo © Chris BURDEN / Licensed by the Chris Burden Estate
4/泉太郎《30》2017
Exhibition view of Taro Izumi, “Pan,” Palais de Tokyo,
2017 supported by SAM Art Projects.
photo: Aurelien Mole

掲載情報は2019年11月21日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小
  • 金沢21世紀美術館 ミュージアムショップ
    石川県 金沢市および近郊
    16
    16

    思わず買いたくなる魅力いっぱいのアートなアイテムがずらり

    初回100コイン
  • Fusion21
    石川県 金沢市および近郊
    56
    34

    アートの余韻に浸りながら食事を楽しむぜいたく空間

  • 古都美
    石川県 金沢市および近郊
    10
    9

    大野の醤油や加賀のほうじ茶など、地元の食を生かし、和と洋を融合させた見…

  • 金沢・クラフト広坂
    石川県 金沢市および近郊
    16
    9

    職人の技を今に伝える伝統工芸品がズラリ

おすすめ記事

    今は設定しない