イラストレーター 安西水丸展

イラストレーター アンザイミズマルテン

いつまでも愛され続ける“安西水丸ワールド”

幼少期から絵を描くことが大好きで、村上春樹の著書の表紙・挿絵などを担当し、亡くなるまで第一線で活躍し続けたイラストレーター安西水丸。シンプルなタッチに明朗快活な色使い。滲むユーモア。温かみのある作風は、多くの人の記憶に焼き付いている。その安西の幼少期から晩年までの足跡を、原画と資料600点以上により紹介。

開催日 2019119日(土)〜2020119日(日)
開催時刻:9:30~17:00
※12月12日(木)は21:00まで延長
※入館は閉館の30分前まで
休館日 : 11月13日(水)、12月11日(水)、12月28日(土)~1月1日(水)、1月8日(水)
開催場所 奥田元宋・小由女美術館
住所 広島県三次市東酒屋町10453-6
アクセス 芸備線「三次駅」から備北交通バスまたは中国バス「美術館前」または「三次ワイナリー」下車すぐ
URL http://www.genso-sayume.jp/kikaku/index.html
料金 入館料:大人1,000円、ペアチケット1,800円、高大生500円
※中学生以下無料
※ペアチケットは大人男女ペアが対象
お問い合わせ 奥田元宋・小由女美術館
TEL:0824-65-0010
主催 奥田元宋・小由女美術館
中国放送
中国新聞社
備考 【関連イベント】
1月5日(日)13:00~「当館学芸員によるギャラリートーク」
  • イラストレーター 安西水丸展
  • イラストレーター 安西水丸展

1/村上春樹氏との共著『象工場のハッピーエンド』より 1983年 ©Kishida Masumi
2/『ブルータス』表紙 1999年 ©Kishida Masumi

掲載情報は2019年12月3日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない