このイベントは終了しました

浪崎文彰 ライムアートの世界展

ナミザキフミアキ ライムアートノセカイテン

あの石灰が、美しいアート作品へと大変身

美術館の所在地・新見市の主要産業の1つが石灰工業で、石灰は英語で「ライム」。その石灰を変幻自在に扱い、アートの域へと高めたのが浪崎文彰だ。石灰の凹みに染色した石灰を伏せ込み、独自に開発した“型押し装飾技法”で描き磨き上げることで、硬質ながらやわらかな風合いを持つ作品に。新ジャンルのアートを、じっくり体感してみて。

開催日 20191123日(土)〜2020126日(日)
開館時刻:9:30~17:00
※入館は16:30まで
休館日:月曜(ただし、1月13日は開館し翌日休館)、12月28日~1月4日
開催場所 新見美術館
住所 岡山県新見市西方361
アクセス 伯備線「新見駅」から徒歩10分
URL https://www.city.niimi.okayama.jp/usr/art/index.html
料金 観覧料:一般700円、大学生500円、中高生250円、小学生150円
※新見市内の小中学生は「こころふれあいパスポート」提示で観覧無料
※「高梁川流域パスポート」提示の小学生は土・日・祝休日に限り観覧無料
お問い合わせ 新見美術館
TEL:0867-72-7851
主催 新見市
新見市教育委員会
新見美術館
  • 浪崎文彰 ライムアートの世界展
  • 浪崎文彰 ライムアートの世界展
  • 浪崎文彰 ライムアートの世界展
  • 浪崎文彰 ライムアートの世界展

1/浪崎文彰《MEZAMEⅠ》2012年
2/浪崎文彰《IDOMU Ⅲ》2008年 新見公立大学蔵
3/浪崎文彰《YASURAGI Ⅲ》2016年 新見公立大学蔵
4/浪崎文彰《ポケットガーデン》2005年

掲載情報は2019年12月18日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない