ミクロコスモス:あらたな交流のこころみ

ミクロコスモス アラタナコウリュウノココロミ

個性豊かな7人の作家のガラス作品にふれる

本展覧会では、ガラスを用いて表現を行う7人の作家を紹介。作家たちは身近な植物や生き物、あるいはそれぞれの表現素材という自分以外の存在との交流のこころみの中で、小宇宙とも言うべき繊細で複雑な作品世界を構築している。豊かな想像力をもって周囲の世界と関わり合うことの重要性を提示する、ガラスと表現のあらたな様相にふれてみて。

開催日 2020229日(土)〜2020922日(火)
開館時間:9:30~18:00(最終入館は17:30)
閉場日:第1・3水曜
開催場所 富山市ガラス美術館2F 展示室1・2
住所 富山県富山市西町5-1
アクセス JR各線「富山駅」から市電(南富山駅前行き)「西町」下車、徒歩1分 または、市電(環状線)「グランドプラザ前」下車、徒歩2分
URL http://toyama-glass-art-museum.jp/
料金 観覧料:大人700円、大学生500円
※高校生以下無料
※本展観覧券で常設展も観覧可
お問い合わせ 富山市ガラス美術館
TEL:076-461-3100
主催 富山市ガラス美術館
  • ミクロコスモス:あらたな交流のこころみ
  • ミクロコスモス:あらたな交流のこころみ
  • ミクロコスモス:あらたな交流のこころみ
  • ミクロコスモス:あらたな交流のこころみ

1/勝川夏樹《Fascination with magnification II》2018年 作家蔵
2/猪野屋牧子《Daydream of Butterfly》 2015年 富山市ガラス美術館所蔵
撮影:末正真礼生
3/小曽川瑠那《雨と陽のはざまに 2018》 2018年 作家蔵
4/伊藤真知子《Life form II》 2019年 作家蔵

掲載情報は2020年6月5日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

おすすめ記事

    今は設定しない