「京都の美術 250年の夢」第1部 江戸から明治へ:近代への飛躍

キョウトノビジュツ250ネンノユメ ダイイチブエドカラメイジヘ キンダイヘノヒヤク

京都の美術を名作とともに振り返るシリーズ展がスタート

同館のコレクションの真髄である「京都の美術」を、3部作で紹介していくかつてない規模のシリーズがいよいよ開幕。第1部となる今回は、京都における江戸美術の精華を大々的にクローズアップする。日本を代表する文人画家の与謝蕪村、写生画円山派の始祖である円山応挙に加え、伊藤若冲や曾我蕭白、呉春、長沢蘆雪といった往時に活躍した作家らの作品が一堂に集結。江戸から明治期にかけて飛躍的な発展を遂げ、京都の近代美術の礎を築いていった過程を多彩な名作とともに振り返ろう。

開催日 2020418日(土)〜2020614日(日)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため開幕延期

前期:4月18日~5月17日、後期:5月19日~6月14日
※前期と後期で大幅に作品が入れ替わる
開館時間:10:00~18:00(最終入場17:30)
休館日:月曜
開催場所 京都市京セラ美術館 本館 北回廊1F
住所 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
アクセス 琵琶湖線「山科駅」から地下鉄東西線「東山駅」下車、徒歩8分 または、JR各線「京都駅」から地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」乗り換え、地下鉄東西線「東山駅」下車、徒歩8分 または、JR各線「京都駅」から市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車、徒歩1分
URL https://kyotocity-kyocera.museum
料金 観覧料:大人1,500円、大高生1,100円、中学生以下無料
お問い合わせ 京都市京セラ美術館
TEL:075-771-4334
主催 京都市京セラ美術館開館記念展「京都の美術 250年の夢」実行委員会(京都市、朝日新聞社、京都新聞、産経新聞社、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、NHK京都放送局、MBS、KBS京都、朝日放送テレビ、テレビ大阪、関西テレビ放送、読売テレビ)
  • 「京都の美術 250年の夢」第1部 江戸から明治へ:近代への飛躍
  • 「京都の美術 250年の夢」第1部 江戸から明治へ:近代への飛躍
  • 「京都の美術 250年の夢」第1部 江戸から明治へ:近代への飛躍

1/曾我蕭《群仙図屏風》(左隻)1764年 文化庁蔵 重要文化財
2/曾我蕭《群仙図屏風》(右隻)1764年 文化庁蔵 重要文化財
3/与謝蕪村《鳶・鴉図》江戸時代 北村美術館蔵 重要文化財

掲載情報は2020年5月22日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない