このイベントは終了しました

杉本博司 瑠璃の浄土

スギモトヒロシ ルリノジョウド

歴史ある京都の地で現代美術が問う心のあり方

リニューアルオープンした「京都市京セラ美術館」の新館「東山キューブ」では、京都にもゆかりが深い現代美術作家・杉本博司氏の個展を開催。現代における人々の魂が向かう場所としての浄土の観想や、今、果たされるべき再生とは、といった問いから、「瑠璃の浄土」のタイトルのもと、仮想の寺院の荘厳を構想。新たな写真作品の大規模展示のほか、屋外の日本庭園に設置される硝子の茶室など多彩な表現を通して、日本人の心のあり方を見つめ直す。

開催日 2020526日(火)〜2020104日(日)
開館時間:10:00~18:00(最終入場17:30)
休館日:月曜
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間の入館は京都府在住者のみ事前予約制(詳細はHPを要確認)
開催場所 京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ
住所 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
アクセス 琵琶湖線「山科駅」から地下鉄東西線「東山駅」下車、徒歩8分 または、JR各線「京都駅」から地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」乗り換え、地下鉄東西線「東山駅」下車、徒歩8分 または、JR各線「京都駅」から市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車、徒歩1分
URL https://kyotocity-kyocera.museum/
料金 観覧料:大人1,500円、大高生1,100円、中学生以下無料
お問い合わせ 京都市京セラ美術館
TEL:075-771-4334
主催 京都市京セラ美術館開館記念展「杉本博司展」実行委員会 (京都市、京都新聞、毎日新聞社、MBS)
  • 杉本博司 瑠璃の浄土
  • 杉本博司 瑠璃の浄土
  • 杉本博司 瑠璃の浄土
  • 杉本博司 瑠璃の浄土

1/杉本博司《OPTICKS 008》 2018年 © Hiroshi Sugimoto / Courtesy of Gallery Koyanagi
2/《法勝寺 瓦》 平安時代末─鎌倉時代初期 撮影:小野祐次
3/杉本博司《硝子の茶室 聞鳥庵》2014年
© Hiroshi Sugimoto. Architects: New Material Research Laboratory / Hiroshi Sugimoto + Tomoyuki Sakakida. Originally commissioned for LE STANZE DEL VETRO, Venice / Courtesy of Pentagram Stiftung & LE STANZE DEL VETRO.
4/Self portrait 2018© Sugimoto Studio

掲載情報は2020年5月22日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない