このイベントは終了しました

美人画のラプソディ―近代の女性表現―妖しく・愛しく・美しく

ビジンガノラプソディ キンダイノジョセイヒョウゲン アヤシク・イトシク・ウツクシク

描き継がれる多様な女性美と生を一挙公開

美人画の名手・上村松園をはじめ、同年代に活躍した池田蕉園、妖艶な女性美を追求した増原宗一など、個性的な画家たちによる美人画が一挙に公開される初の機会。海の見える杜美術館所蔵の明治から昭和初期にかけての女性像を描いた作品に他館所蔵品を交え、変容をとげる美人画の諸相を画家たちによる「ラプソディ(狂想曲)」と捉え紹介する。

開催日 2020320日(金)〜2020531日(日)
開催時刻:10:00~17:00
休館日:月曜(5月4日は開館、5月7日は休館)
※入館は16:30まで
開催場所 海の見える杜美術館
住所 広島県廿日市市大野亀ヶ岡10701
URL http://www.umam.jp/exhibition20200320.html
料金 入館料:大人1,000円、高大生500円
お問い合わせ 海の見える杜美術館
TEL:0829-56-3221
主催 海の見える杜美術館
備考 ※会期中イベントあり。詳細はHP参照
  • 美人画のラプソディ―近代の女性表現―妖しく・愛しく・美しく
  • 美人画のラプソディ―近代の女性表現―妖しく・愛しく・美しく
  • 美人画のラプソディ―近代の女性表現―妖しく・愛しく・美しく
  • 美人画のラプソディ―近代の女性表現―妖しく・愛しく・美しく

1・2/渡辺幾春《春秋美人》大正時代 二曲一双 海の見える杜美術館蔵
3・4/鰭崎英朋《春秋観花図屏風》1904年(明治37) 四曲一双 海の見える杜美術館蔵

掲載情報は2020年4月3日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない