花森安治 『暮しの手帖』の絵と神戸

ハナモリヤスジ クラシノテチョウ ノエトコウベ

『暮らしの手帖』初代編集長・花森安治に迫る

衣食住の知恵と工夫をはじめ多彩で魅力的な情報を発信する雑誌・暮らしの手帖。初代編集長で、あらゆる分野において手腕を発揮したのが、神戸出身の花森安治だ。本展では、彼が30年間にわたり描き続けた『暮らしの手帖』の表紙原画、神戸・大阪にゆかりのある記事、貴重な写真、神戸を描いた神戸ゆかりの美術館所蔵作品を紹介する。

開催日 20201219日(土)〜2021314日(日)
開館時間:10:00~17:00(16:30)
休館日:月曜(祝日開館)、12月28日~1月4日、1月12日
開催場所 神戸ゆかりの美術館
住所 兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1
URL https://www.city.kobe.lg.jp/a45010/kanko/bunka/bunkashisetsu/yukarimuseum/tenrankai/next2019.html
料金 入館料:大人1,000円、大学生500円、高校生以下無料(要証明)
※神戸市居住の65歳以上は大人料金の半額
お問い合わせ 神戸ゆかりの美術館
TEL:078-858-1520
主催 神戸ゆかりの美術館
神戸新聞社
  • 花森安治 『暮しの手帖』の絵と神戸
  • 花森安治 『暮しの手帖』の絵と神戸
  • 花森安治 『暮しの手帖』の絵と神戸

掲載情報は2020年12月15日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない