新春特集展示 丑づくし―干支を愛でる―

シンシュントクシュウテンジ ウシヅクシ エトヲメデル

新春恒例の干支にちなんだ特集展示

恒例の干支・牛(丑)にちなむ特集展示。人類と古いかかわりをもつ牛は、日本では古墳時代以降に共に暮らす存在となった。家畜のほか、神の使いや乗り物としても表され、牛耕などが本格化した平安時代以降では農村風景の一部であり、人々に寄り添う動物だった「牛」の細やかな小作品をはじめ、野性味溢れる作品などで紹介する。

開催日 20201219日(土)〜2021131日(日)
開館時間:9:30~17:00(最終入館16:30)
休館日:月曜(祝日開館)、12月28日~1月1日、1月12日
開催場所 京都国立博物館 平成知新館 1F-2
住所 京都府京都市東山区茶屋町527
アクセス 奈良線「東福寺駅」から京阪本線「七条駅」下車、徒歩6分 または、奈良線「東福寺駅」から徒歩15分 または、JR各線「京都駅」から市バス「博物館三十三間堂前」、徒歩1分
URL https://www.kyohaku.go.jp/jp/project/ushi_2021.html
料金 観覧料:大人700円、大学生350円
※高校生以下、満18歳未満、満70歳以上は無料(要証明)
お問い合わせ 京都国立博物館
TEL:075-525-2473(テレホンサービス)
  • 新春特集展示 丑づくし―干支を愛でる―
  • 新春特集展示 丑づくし―干支を愛でる―
  • 新春特集展示 丑づくし―干支を愛でる―

02/交趾釉牛置物 永樂得全作 京都国立博物館
03/新羅 十二支像護石拓本のうち丑像 京都国立博物館

掲載情報は2020年12月15日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない