特別展「雪舟と玉堂―ふたりの里帰り」

トクベツテン セシュウトギョクドウ フタリノサトガエリ

水墨画の真髄に触れる特別展を開催

室町時代の総社市に生まれ、中国で三年を過ごしてから山口を中心に活躍した画僧・雪舟等楊。江戸時代の岡山市に生まれ、脱藩して琴と画を愛した旅する文人・浦上玉堂。巨匠ふたりの故郷・岡山で開催する本展では、彼らの生涯や画業の創意工夫を解き明かしながら、水墨の魅力に迫る。特に国宝の雪舟「四季山水図巻」は必見!

開催日 2021210日(水)〜2021314日(日)
開館時間:9:00~17:00(最終入館16:30)
休館日:2月15日、3月1日、3月8日
開催場所 岡山県立美術館
住所 岡山県岡山市北区天神町8-48
アクセス JR各線「岡山駅」乗り換え、路面電車東山線「岡山駅前」から「城下」下車、徒歩3分
URL https://c.sanyonews.jp/sesshu_gyokudo/
料金 観覧料:前売 大人1,300円、ペア割引券2,500円/当日 大人1,500円、65歳以上1,300円、大学生・専門学校生1,000円、高校生600円
※中学生以下無料
※前売券は大人のみ発売
※年齢や所属を確認できる証明書や学生証等をご持参ください。
※本展観覧券で同時開催の「岡山の美術」展も観覧可能
お問い合わせ 岡山県立美術館
TEL:086-225-4800
チケット
お問い合わせ先
岡山県内の主要プレイガイド
山陽新聞販売所
セブンチケット(セブンコード:087-329)
ローソンチケット(Lコード:62330)
チケットぴあ(Pコード:685-489)
主催 岡山県立美術館
山陽新聞社
RSK山陽放送
  • 特別展「雪舟と玉堂―ふたりの里帰り」
  • 特別展「雪舟と玉堂―ふたりの里帰り」

02/国宝 雪舟等楊《四季山水図巻》文明18(1486)年、毛利博物館蔵 部分

掲載情報は2021年2月17日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない