うちにこんなのあったら展 気になるデザイン×工芸コレクション

ウチニコンナノアッタラテン キニナルデザイン コウゲイコレクション

生活を豊かにするデザインと工芸の可能性

全国でも珍しく、工芸とデザインの両分野の作品を所蔵している国立工芸館。本展では、英国における最初のインダストリアルデザイナーとも言われるクリストファー・ドレッサーをはじめ、富本憲吉、ルーシー・リーなどの工芸作品を展示。「もしも自分の家に置くなら…」という視点で気軽に楽しめるので、美術館初心者にもおすすめ。

開催日 2021130日(土)〜2021415日(木)
開館時刻:9:30~17:30(最終入館17:00)
休館日:月曜(3月29日、4月5日、4月12日は開館)
開催場所 国立工芸館(東京国立近代美術館工芸館)
住所 石川県金沢市出羽町3-2
アクセス JR各線「金沢駅」から北鉄バス「広坂・21世紀美術館」下車、徒歩7分
URL https://www.momat.go.jp/cg/exhibition/the-second-of-the-national-crafts-museums-grand-opening-exhibitions/
料金 チケット料:大人500円、大学生300円
※高校生以下無料
※オンラインでの日時指定予約が必要(詳細はHPにて要確認)
お問い合わせ 国立工芸館(東京国立近代美術館工芸館)
TEL:050-5541-8600(8:00~22:00)
主催 東京国立近代美術館
  • うちにこんなのあったら展 気になるデザイン×工芸コレクション
  • うちにこんなのあったら展 気になるデザイン×工芸コレクション
  • うちにこんなのあったら展 気になるデザイン×工芸コレクション
  • うちにこんなのあったら展 気になるデザイン×工芸コレクション

01/「うちにこんなのあったら展 気になるデザイン×工芸コレクション」チラシ
02/ルーシー・リー《コーヒー・セット》1960年頃 Estate of the artist/撮影:エス・アンド・ティ フォト
03/富本憲吉《色絵家形筆架》1937年 撮影:アローアートワークス
04/クリストファー・ドレッサー《卵立て》1878年頃 撮影:斎城卓
02~04、すべて東京国立近代美術館蔵

掲載情報は2021年2月19日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない