高橋禎彦 playtime

タカハシヨシヒコ プレイタイム

多彩な表情が魅力のガラス作品を展示

多摩美術大学在学中に京都で開催された世界クラフト会議に参加したことをきっかけに、ガラス作家の道を歩み始めた高橋禎彦氏。無駄のない動作によって形作られる彼の作品は、その感触についてみるものの想像を促す。本展では、新作を中心に高橋氏の近年の活動を紹介しながら、どこか謎めいた姿を持つ作品の魅力に迫る。

開催日 202136日(土)〜2021622日(火)
開館時刻:日~木曜9:30~18:00、金・土曜9:30~20:00
※入場は閉館の30分前まで
休館日:4月7日、4月21日、5月12日、5月19日、6月9日、6月16日
開催場所 富山市ガラス美術館 展示室3(3F)
住所 富山県富山市西町5-1
アクセス JR各線「富山駅」から市電(南富山駅前行き)「西町」下車、徒歩1分、または市電(環状線)「グランドプラザ前」下車、徒歩2分
URL https://toyama-glass-art-museum.jp/exhibition/exhibition-3925/
料金 観覧料:大人800円、大学生600円、高校生以下無料
※本展観覧券で常設展も観覧可
※要証明書提示
お問い合わせ 富山市ガラス美術館
TEL:076-461-3100
  • 高橋禎彦 playtime
  • 高橋禎彦 playtime
  • 高橋禎彦 playtime
  • 高橋禎彦 playtime

撮影:斎城卓
1/《置いてきたもの》2020年 作家蔵
2/《だいじょうぶ》《こわくない》《ひどいめにあった》 2020年 作家蔵
3/《煩悩》2019年 Haruki Nagano Collection
4/右、左《置いてきたもの》2019年 作家蔵

掲載情報は2021年3月19日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない