サントリー美術館特別協力 ガラスに挑む―素材へのまなざし

サントリービジュツカントクベツキョウリョク ガラスニイドム ソザイヘノマナザシ

ガラス作家たちの渾身の作品をぜひ

1980~90年代に世界的興隆期を迎えた現代グラスアート。本展では、国内有数のガラスコレクションを所蔵するサントリー美術館から16点、さらに富山市ガラス美術館から8点の現代ガラス作品を展示する。人の意識や生活環境が劇的に変化した時代の中で、新たな造形表現を探求しガラスに向き合い続けた作家たちの挑戦の証をご覧あれ。

開催日 2021410日(土)〜2021622日(火)
開館時刻:9:30~18:00(金・土曜は20:00まで)
※入場は閉館の30分前まで
休館日:4月21日、5月12日、5月19日、6月9日、6月16日
開催場所 富山市ガラス美術館2階 展示室1・2
住所 富山県富山市西町5-1
アクセス JR各線「富山駅」から市電(南富山駅前行き)「西町」下車、徒歩1分、または市電(環状線)「グランドプラザ前」下車、徒歩2分
URL https://toyama-glass-art-museum.jp/exhibition/exhibition-4062/
料金 観覧料:当日 大人800円、大学生600円、高校生以下無料
※本展観覧券で常設展も観覧可
※要証明書提示
お問い合わせ 富山市ガラス美術館
TEL:076-461-3100
主催 富山市ガラス美術館
備考 特別協力:サントリー美術館
  • サントリー美術館特別協力 ガラスに挑む―素材へのまなざし
  • サントリー美術館特別協力 ガラスに挑む―素材へのまなざし
  • サントリー美術館特別協力 ガラスに挑む―素材へのまなざし
  • サントリー美術館特別協力 ガラスに挑む―素材へのまなざし

無断転載禁止
1~4、サントリー美術館所蔵
1/室伸一《ARK…》 1990年 撮影:小嶋宏和 、斎城卓
2/横山尚人《花の番人》 1988年 撮影:近藤正一
3/家住利男《でっぱりとへこみ》 1992年 撮影:家住利男
4/扇田克也《BALANCE》 1994年 撮影:小嶋宏和、山本正治

掲載情報は2021年4月23日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小
  • 高橋禎彦 playtime
    開催中 富山県 富山市および近郊
    2
    1
    3/6
    6/22

    多彩な表情が魅力のガラス作品を展示

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない