近代工芸と茶の湯のうつわ-四季のしつらい-

キンダイコウゲイトチャノユノウツワ シキノシツライ

茶の湯をめぐる作品を四季とともに紹介

茶の湯のうつわを中心とした約150点を展示する特別展を開催。作家による「表現のうつわ」と使い手による「見立てのうつわ」を四季の取り合わせの中で紹介し、時代とともに変化してきた茶の湯に対する作家の思いや、茶の湯の造形について探る。会場では3D鑑賞や茶事体験など、展示にとどまらない体験ブースも用意。

開催日 2021429日(木)〜202174日(日)
開館時刻:9:30~17:30(最終入館17:00)
休館日:月曜(5月3日は開館)、5月6日
開催場所 国立工芸館
住所 石川県金沢市出羽町3-2
アクセス JR各線「金沢駅」から北鉄バス「広坂・21世紀美術館」下車、徒歩7~9分
URL https://www.momat.go.jp/cg/exhibition/the-third-of-the-national-crafts-museums-grand-opening-exhibitions/
料金 チケット料:大人500円、大学生300円
※高校生以下および18歳未満無料
※オンラインでの日時指定予約が必要(詳細はHPにて要確認)
※各日若干数、当日券あり。
お問い合わせ 国立工芸館
TEL:050-5541-8600(9:00~20:00)
主催 東京国立近代美術館
  • 近代工芸と茶の湯のうつわ-四季のしつらい-
  • 近代工芸と茶の湯のうつわ-四季のしつらい-
  • 近代工芸と茶の湯のうつわ-四季のしつらい-
  • 近代工芸と茶の湯のうつわ-四季のしつらい-

1~4、東京国立近代美術館蔵
1/安藤源一郎《紙胎蒟醬風籟茶器》、内田鋼一《白金彩茶盌》、新里明士《光器水指》 いずれも2020年 撮影:大屋孝雄
2/松田権六《蒔絵松桜文棗》 1969年 撮影:大屋孝雄
3/黒田辰秋《金鎌倉五稜茶器》 1980年頃 撮影:エス・アンド・ティ フォト
4/三輪休和《萩編笠水指》 1975年 撮影:エス・アンド・ティ フォト

掲載情報は2021年4月23日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない