ポーラ美術館コレクション展―印象派からエコール・ド・パリ―

ポーラビジュツカンコレクションテン インショウハカラエコール ド パリ

時代や様式を超えて受け継がれる美意識

箱根・仙石原に立つポーラ美術館。本展では、国内屈指とされるポーラ美術館の西洋絵画コレクションから、モネやルノワールといった印象派、セザンヌなどポスト印象派、マティス、ピカソ、そしてユトリロやシャガールなど、20世紀を代表する画家をはじめ、フランスで活動した作家による74点の絵画などを紹介。画家たちを魅了してやまない、フランスの美意識を感じてみよう。

開催日 2021424日(土)〜2021627日(日)
開館時刻:9:30~18:00(最終入館17:30)
休館日:水曜
開催場所 富山県美術館
住所 富山県富山市木場町3-20
アクセス JR各線「富山駅」から徒歩15分、または富山地鉄バス乗り換え「富山県美術館」下車すぐ
URL https://tad-toyama.jp/exhibition-event/14248
料金 観覧料:大人1,400円、大学生1,000円、高校生以下無料
※要証明書提示
※企画展入場当日に限り、コレクション展も無料観覧可
お問い合わせ 富山県美術館
TEL:076-431-2711
主催 富山県
ポーラ美術館コレクション展実行委員会(富山県美術館・チューリップテレビ)
公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
  • ポーラ美術館コレクション展―印象派からエコール・ド・パリ―
  • ポーラ美術館コレクション展―印象派からエコール・ド・パリ―
  • ポーラ美術館コレクション展―印象派からエコール・ド・パリ―

1~3、ポーラ美術館蔵
1/ピエール・オーギュスト・ルノワール 《髪かざり》 1888年
2/クロード・モネ 《散歩》 1875年
3/アメデオ・モディリアーニ 《婦人像(C.D.夫人)》 1916年頃

掲載情報は2021年5月20日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない