ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへ ―日本を夢見たヨーロッパ工芸―

ジャポニスムカラアール ヌーヴォーヘ ニホンヲユメミタヨーロッパコウゲイ

西洋に衝撃と深い感銘を与えた日本の工芸

19世紀後半、アール・ヌーヴォー様式をはじめ、西洋のデザインに大きな影響を与えた「ジャポニスム」。日本の工芸品や日本の影響を色濃く受けた西洋の名品を収集してきた「ハンガリー・ブダペスト国立工芸美術館」のコレクションの中から、ジャポニスムとアール・ヌーヴォーをテーマに、約170点の名品を紹介する。 

開催日 2021815日(日)〜2021912日(日)
開館時刻:9:30~18:00(最終入館17:30)
開催場所 石川県立美術館
住所 石川県金沢市出羽町2-1
URL http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/exhibition/10546/
料金 観覧料:大人1,000円、大学生800円、高校生以下無料
※要証明書提示
お問い合わせ 石川県立美術館
TEL:076-231-7580
主催 国際北陸工芸サミットin石川実行委員会
  • ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへ ―日本を夢見たヨーロッパ工芸―
  • ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへ ―日本を夢見たヨーロッパ工芸―
  • ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへ ―日本を夢見たヨーロッパ工芸―
  • ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへ ―日本を夢見たヨーロッパ工芸―

1~4は全て、ブダペスト国立工芸美術館蔵
1/ルイス・カンフォート・ティファニー 《孔雀文花器》1898年以前
2/シャーンドル・アパーティ・アブト、ジョルナイ陶磁器製造所 《狩りをする雌ライオン像》1908年
3/エミール・ガレ 《洋蘭文花器》1900年頃
4/ジョゼフ=テオドール・デック 《花鳥文花器》1880年頃

掲載情報は2021年7月20日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小
  • 国立工芸館
    石川県 金沢市および近郊
    19
    3

    近現代の工芸作品を所蔵する国立唯一の工芸専門美術館

  • 金沢市立中村記念美術館
    石川県 金沢市および近郊
    89
    14

    時代を超えて愛される茶道美術のコレクション

  • 石浦神社
    石川県 金沢市および近郊
    36
    24

    マスコットキャラクター・きまちゃんの癒やし効果も抜群!

  • 金澤神社
    石川県 金沢市および近郊
    35
    11

    金運アップに厄除けと霊験あらたかなスポットが境内に点在!

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない