令和3年度国立美術館巡回展 西洋美術館コレクションによる 高岡で考える西洋美術-〈ここ〉と〈遠く〉が触れるとき

レイワ3ネンドコクリツビジュツカンジュンカイテン セイヨウビジュツカンコレクションニヨル タカオカデカンガエルセイヨウビジュツ ココ ト トオク ガフレルトキ

西洋美術を通して問う、地域と美術の関係性

明治時代、パリ万国博覧会の事務局長を務めた林忠正と、留学先で彫刻家・ロダンにめぐり合った本保義太郎を輩出した高岡。二人の先駆者たちを手掛かりに、近代以降の日本に流入した西洋美術の源流を探る。国立西洋美術館と高岡市美術館のコレクションを並べて展示することで、地域と美術の関係性を問い直すという新しい試みにも注目したい。

開催日 2021910日(金)〜20211024日(日)
開館時刻:9:30~17:00(最終入館16:30)
休館日:月曜(9月20日は開館)、9月21日
開催場所 高岡市美術館
住所 富山県高岡市中川1-1-30
アクセス 氷見線「越中中川駅」から徒歩2分
URL https://www.e-tam.info/
料金 観覧料:大人1,200円(前売・シニア900円)、高大生600円、小中学生300円、親子券(大人1名と小中学生2名までのセット券)1,400円
※土・日・祝は小中学生240円
※シニア割引は65歳以上対象
お問い合わせ 高岡市美術館
TEL:0776-20-1177
主催 国立西洋美術館
高岡市美術館(公益財団法人高岡市民文化振興事業団)
富山県教育委員会
北日本新聞社
  • 令和3年度国立美術館巡回展 西洋美術館コレクションによる 高岡で考える西洋美術-〈ここ〉と〈遠く〉が触れるとき

1/ベルト・モリゾ《黒いドレスの女性(観劇の前)》1875年、油彩/カンヴァス
林忠正旧蔵歴あり
国立西洋美術館

掲載情報は2021年8月20日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小
  • 富山らーめん 誠や
    富山県 氷見・高岡・新湊
    6
    9

    地元の薄口醤油を丁寧に煮つめたタレは、すっきりとした甘さが魅力。とんこ…

  • 高岡古城公園
    富山県 氷見・高岡・新湊
    16
    17

    広大な敷地に、木々や動物が息づく自然あふれる公園

  • 越中総鎮守一宮 射水神社
    富山県 氷見・高岡・新湊
    36
    22

    凛とした雰囲気に包まれた由緒正しい大社

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない