江戸庶民の美 大津絵と浮世絵版画-幻の東海道五拾三次-

エドショミンノビ オオツエトウキヨエハンガ マボロシノトウカイドウゴジュウサンツギ

江戸時代を代表する二大民画が成羽美術館に集結

浮世絵風景画の最高峰、歌川広重の「東海道五拾三次」とその東海道の宿場町・大津で旅人に親しまれた土産絵「大津絵」。本展では、幻の東海道五拾三次といわれた丸清版五拾三次55点と現地写真55点に加え、近年新たに発見された画家・小絲源太郎旧蔵の大津絵の名品など35点を展示。異なる魅力をもつ2つの江戸庶民の美を堪能できる。

開催日 2021911日(土)〜20211219日(日)
開館時刻:9:30~17:00(最終入館16:30)
休館日:月曜(9月20日は開館し21日休館)
開催場所 高梁市成羽美術館
住所 岡山県高梁市成羽町下原1068-3
アクセス 伯備線「備中高梁駅」から備北バス「成羽」下車すぐ
URL https://nariwa-museum.or.jp/
料金 観覧料:大人1,000円、小中高大生500円
お問い合わせ 高梁市成羽美術館
TEL:0866-42-4455
  • 江戸庶民の美 大津絵と浮世絵版画-幻の東海道五拾三次-
  • 江戸庶民の美 大津絵と浮世絵版画-幻の東海道五拾三次-

掲載情報は2021年9月16日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

マイフェバピックアップ
JRとホテルがセットになったおトクな旅行プラン

おすすめ記事

    今は設定しない