いつだって猫展

イツダッテネコテン

思わずほほえんでしまう猫たちがあちらこちらに

猫は日常で身近な動物。昔から人々に親しまれてきた。特に江戸時代には「猫ブーム」が到来し、歌舞伎や浮世絵を彩った。今回はその古き良き「猫ブーム」を様々な角度から紹介。可愛い、妖しい、怖い…今も昔も共通する思いがあることに面白味や愛おしさを感じてしまう。愛猫写真を掲示できる「うちの猫自慢」コーナーも。

開催日 2017429日(土)〜2017611日(日)
開催時刻:10:00~18:00、金曜は10:00~19:30
※最終入場は閉室の30分前まで
休館日:月曜(5月1日(月)は臨時開館)
開催場所 京都文化博物館
住所 京都府京都市中京区三条高倉
URL http://www.bunpaku.or.jp/
料金 一般1,300円、大高生1,000円、中小生500円
お問い合わせ 京都文化博物館
TEL:075-222-0888
主催 京都府
京都文化博物館
読売テレビ

1/歌川広重 名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣 安政4年(1857) 個人蔵
2/歌川国芳 猫の当字  かつを 天保14年(1843) 個人蔵
3/歌川国芳 流行猫の曲鞠 天保12年(1841) 個人蔵

掲載情報は2017年5月1日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

周辺のスポット

周辺のイベント

  • 京都府 京都中心部
    5
    0
    6/4

    京都の人気コーヒーショップが勢ぞろい!