このイベントは終了しました

「怖い絵」展

「コワイエ」テン

「美」に匹敵する「恐怖」の魅力とは

「怖い」という感情は、私たちを委縮させ苦悩の状態に陥らせる力をもつ。本展では、視覚的な怖さだけでなく、隠された背景を知ることで判明する恐怖まで、神話や怪物、地獄などの異界、さまざまな恐怖と苦悩に満ちている現実、その先にある怖さを予見させる風景、悲劇的なエピソードが伴う歴史、といったようなカテゴリーで約80点の西洋絵画・版画が展示される。

開催日 2017722日(土)〜2017918日(月)
開催時刻:10:00~18:00、金・土曜は10:00~20:00(入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜(9月18日(月)は開館)
開催場所 兵庫県立美術館
住所 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
(HAT神戸内)
アクセス JR神戸線「灘駅」から徒歩10分
URL http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1707/index.html
料金 一般1,400円(1,200円)、大学生1,000円(800円)、70歳以上700円、高校生以下無料
※()は前売り料金
※障がいのある人は各当日料金の半額(70歳以上を除く)、その介護の人1名は無料
お問い合わせ 兵庫県立美術館
TEL:078-262-0901
チケット
お問い合わせ先
チケットぴあ(Pコード:768‐292)、ローソンチケット(Lコード:52807)、セブンイレブン、イープラス、CNプレイガイドほか京阪神のプレイガイドにて発売
主催 兵庫県立美術館
産経新聞社
関西テレビ放送
神戸新聞社
備考 ※記念講演会「怖い絵」の世界へようこそ
講師:中野京子氏(本展特別監修者、作家、ドイツ文学者)
日時:8月20日(日)14:00(約90分)
会場:ミュージアムホール(定員250名)
聴講無料(要観覧券、当日11:00よりホワイエで整理券配布)
※学芸員による解説会
日時:8月5日(土)、9月2日(土)、9月16日(土)各日16:00(約45分)
会場:レクチャールーム(定員100名)
聴講無料
  • 「怖い絵」展
  • 「怖い絵」展
  • 「怖い絵」展
  • 「怖い絵」展

1/ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス《オデュッセウスに盃を差し出すキルケー》
1891年 油彩・カンヴァス オールダム美術館 ⒸImage courtesy of Gallery Oldham
2/ウィリアム・ホガース《ビール街とジン横丁》 1750-51年 エッチング、エングレーヴィング・紙 郡山市立美術館 ⒸKoriyama City Museum of Art
3/ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー《ドルバダーン城》 1800年 油彩・カンヴァス ロイヤル・アカデミー ⒸRoyal Academy of Arts, London;Photographer:Prudence Cuming Associates Limited
4/ポール・ドラローシュ《レディ・ジェーン・グレイの処刑》 1833年 油彩・カンヴァス ロンドン・ナショナル・ギャラリー Paul Delaroche,The Execution of Lady Jane Grey, Ⓒ The National Gallery,London. Bequethed by the Second Lord Cheylesmore,1902
※4は本展最大の注目作。縦2.5m、幅3mにもおよぶ。

掲載情報は2017年7月14日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小
  • JICA関西食堂
    兵庫県 灘・六甲
    157
    611

    国際色豊かな食堂でエスニック料理を堪能

おすすめ記事