美術館「えき」KYOTO 開館20周年記念  京の至宝 黒田辰秋展

ビジュツカン「エキ」キョウト カイカン20シュウネンキネン キョウノシホウ クロダダツアキテン

自然そのものの美しさを探求し続けた魂が宿る作品たち

京都大学北門前のカフェ「進々堂」のテーブルセットや「河井寛次郎記念館」の表看板の彫り…京都では今でも黒田辰秋の作品が息づいている。独学で木工を極め、木工芸における初の人間国宝となり、黒澤明らにも愛好された黒田辰秋。茶器から家具まで、作品は幅広く、独創的だ。国内外で注目を集めるが、京都では初の回顧展。彼の珠玉の作品、約90点を堪能して。

開催日 201792日(土)〜2017109日(月)
開催時刻:10:00~20:00(最終入館19:30)
開催場所 美術館「えき」KYOTO
住所 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
京都駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7F
アクセス JR各線「京都駅」直結
URL http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/
料金 一般900円(700円)、高・大学生700円(500円)、小・中学生500円(300円)
※()は前売り料金
※開館20周年記念日の9月11日(月)は入館無料日
お問い合わせ ジェイアール京都伊勢丹 大代表
TEL:075-352-1111
チケット
お問い合わせ先
美術館「えき」KYOTOチケット窓口(休館日を除く)、チケットぴあ(Pコード768-439)、ローソン(Lコード53673)、京都駅ビルインフォメーションなどで発売
※9月1日(金)まで前売券販売
主催 美術館「えき」KYOTO
京都新聞
備考 企画協力 imura art planning

【ギャラリートーク】※各回約30分
①9月2日(土)11:00
青木正弘氏(本展監修者/美術評論家/元豊田市美術館副館長)
②9月9日(土)14:00
諸山正則氏 (東京国立近代美術館特任研究員)
③9月10日(日)14:00
藤嵜一正氏(木漆工芸家/黒田辰秋氏に師事)
※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説
※事前申し込み不要、参加無料(美術館入館券は必要)
※混雑した場合、入館制限をする場合あり

【ワークショップ】
「辰秋を彫る、木工ワークショップ」開催予定

【プレミアムフライデー】
9月29日(金)17:00以降入館の先着50名に展覧会オリジナルポストカードをプレゼント

作品写真/渞忠之
  • 美術館「えき」KYOTO 開館20周年記念  京の至宝 黒田辰秋展
  • 美術館「えき」KYOTO 開館20周年記念  京の至宝 黒田辰秋展
  • 美術館「えき」KYOTO 開館20周年記念  京の至宝 黒田辰秋展

1/金鎌倉四稜茶器 1965-70年 北村美術館蔵
2/乾漆耀貝螺鈿飾筐 1972年 個人蔵
3/螺鈿八角菓子重箱 1933年 鍵善良房蔵

掲載情報は2017年9月1日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

おすすめ記事