生誕140年 尾竹竹坡展

セイタン140ネン オタケチクハテン

孤高の画家。尾竹竹坡の初の回顧展

一時は文展で最高賞を受賞し、時代の寵児となりながらも、文展落選以降、斬新かつ独創的な日本画を描き、毀誉褒貶にさらされた尾竹竹坡。彼の画業の全貌を、幼少期の墨画から晩年の繊密な風景画までの代表的な作品で紹介。近代日本画の激動の時代を駆け抜けた尾竹竹坡の画業を辿ってみよう。

開催日 2018216日(金)〜2018325日(日)
開催時刻:9:30~18:00(最終入場は17:30)
開催場所 富山県水墨美術館
住所 富山県富山市五福777
アクセス JR各線「富山駅」から市電(大学前行き)「富山トヨペット本社前(五福末広町)」下車、徒歩10分
URL http://www.pref.toyama.jp/branches/3044/3044.htm
料金 入館料:一般900円、大学生650円、一般前売700円、小中高校生無料
お問い合わせ 富山県水墨美術館
TEL:076-531-3719
  • 生誕140年 尾竹竹坡展

1/尾竹竹坡「月の潤い・太陽の熱・星の冷たさ」1920年頃

掲載情報は2018年2月5日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

おすすめ記事