このイベントは終了しました

平田玉蘊 美の交遊

ヒラタギョクオン ビノコウユウ

江戸時代の女流画人・平田玉蘊の画業

江戸時代後期に広島・尾道で活躍した女性の画人・平田玉蘊。花鳥画・人物画・風景画と幅広く優れた作品を生み出した彼女の代表作の数々に加え、伊藤若冲をはじめとする関連作家の佳作もあわせて紹介する展示会が開催。多岐にわたる交遊の軌跡も追いながら、知られざるその生涯と作品の魅力に迫る。

開催日 201831日(木)〜2018415日(日)
開開催時刻:9:30~17:00(最終入館16:30)
開催場所 奥田元宋・小由女美術館
住所 広島県三次市東酒屋町10453-6
アクセス 芸備線「三次駅」から備北交通バス「美術館前」下車すぐ
URL http://www.genso-sayume.jp/
料金 入館料:一般1,000円、ペアチケット1,800円、高大生500円、中学生以下無料
お問い合わせ 公益財団法人 奥田元宋・小由女美術館
TEL:0824-65-0010
  • 平田玉蘊 美の交遊
  • 平田玉蘊 美の交遊

1/平田玉蘊(頼山陽 賛)《朝顔に鶏図》 文化7(1810)年頃
2/平田玉蘊《唐美人図》 19世紀初頭 広島県立美術館蔵

掲載情報は2018年2月16日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

おすすめ記事