竹喬 ―落款(サイン)と印章をさぐる―

チッキョウ ラッカン サイン ト インショウヲサグル

落款と印章の変遷に迫る

「竹橋」や「竹喬」という落款(サイン)の書体は、時代とともに変化しており、書体をみることで作品の制作年代を推定することができる。作品を鑑賞する場合、従来は描かれた主題となるモチーフに関心が集まりがちだが、この展覧会では、少し視点を変え、竹喬が使用した落款と印章に焦点を当て、その時代変遷をたどる。

開催日 2018615日(金)〜2018722日(日)
開催時刻:9:30~17:00(最終入館16:30)
休館日:月曜(ただし、7月16日(月)は開館し、17日(火)は休館)
開催場所 笠岡市立竹喬美術館
住所 岡山県笠岡市六番町1-17
アクセス 山陽本線「笠岡駅」から井笠バス「市民会館・竹喬美術館前」下車すぐ
URL https://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/
料金 入館料:一般500円(400円)
※高校生以下は無料(学生証を要提示)
※( )内は団体20名以上
※65歳以上は無料(年齢のわかるものを要提示)
お問い合わせ 笠岡市立竹喬美術館
TEL:0865-63-3967
主催 笠岡市立竹喬美術館
  • 竹喬 ―落款(サイン)と印章をさぐる―
  • 竹喬 ―落款(サイン)と印章をさぐる―
  • 竹喬 ―落款(サイン)と印章をさぐる―
  • 竹喬 ―落款(サイン)と印章をさぐる―

1/朝 1967年 寄託品
2/吉野の春 1957年頃 寄託品
3/樹 1972年
4/野之道(蕉翁句意)1906年 寄託品

掲載情報は2018年6月4日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。
>間違いを報告する

拡大 縮小

おすすめ記事