2015年10月9日号

比べるトラベル 関西&北陸 第一弾 庶民の台所編

チェックインして100コインゲット
京都石川
錦市場商店街近江町市場
JR各線「京都駅」から地下鉄烏丸線「四条駅」下車、徒歩3分JR「金沢駅」から北鉄バス「武蔵ヶ辻」下車すぐ

錦小路通の寺町通から高倉通にかけて約390m続く、京都を代表する商店街です。細い道の両側にさまざまな店舗が軒を連ね、京都の食が集まる「京の台所」として多くの地元客や観光客が訪れます。京都をイメージした朱・黄・緑の色鮮やかなアーケードが目印です。金沢の中心部に位置する、地元民御用達の大きな市場。地元では「おみちょ」と呼ばれています。鮮魚店が並ぶ鮮魚通りや青果店が並ぶ青果通りなどがあり、鮮魚通りでは売り子さんの威勢のよい掛け声が飛び交います。近江町いちば館2階はゆっくり食事ができる飲食フロアです。
「錦市場商店街を詳しくみる
「錦市場商店街」を気になるスポットに追加
「近江町市場」を詳しくみる
「近江町市場」を気になるスポットに追加
マイフェバ的おすすめ店舗 京都マイフェバ的おすすめ店舗 石川
錦市場商店街編近江町市場編
京ゆば 湯波吉
創業から約220年を数える京ゆばの老舗。選びぬいた国産大豆と錦に流れる地下水だけで作る生ゆばと乾ゆばを製造販売しています。刺身やお吸い物、鍋物や唐揚げなどあらゆる料理に大活躍。
大口水産
市場の中でも最大面積を誇る売り場には、日本全国から仕入れた旬の魚介が並びます。購入した魚介はその場で下処理してくれるほか、イートインスペースで食べるのもOK。干物や珍味などの商品も豊富です。
ゆば:ゆばとは豆乳を加熱した時に表面にできる膜を引き上げたもの。中国から仏教とともに伝わり、お寺の精進料理に利用されてきました。京都の食文化を代表する食材のひとつです。鮮魚:四季を通してさまざまな魚介がとれる北陸。ガスエビなど県外にはあまり出回らない珍しいものから、香箱ガニやノドグロなどの高級食材まで豊富な海の幸に恵まれています。
「京ゆば 湯波吉」を詳しくみる
「京ゆば 湯波吉」を気になるスポットに追加
「大口水産」を詳しくみる
「大口水産」を気になるスポットに追加
打田漬物 錦小路店
店先にずらりと陳列された大きな漬物樽にびっくり。店内には約75種類の漬物が並び、試食をしながら好みの漬物が探せます。定番商品のほか、旬の野菜を使った季節限定の漬物も。
北形青果 近江町本店
加賀野菜をはじめ、地元産の野菜を中心に取り扱う青果店。一般的な野菜から見たことのない野菜まで、旬の野菜が並びます。野菜について困ったら野菜ソムリエの店主に相談を。
京漬物:古くから野菜作りが盛んで、食材の保存技術が優れていたことから京都では漬物の文化が発展。京漬物のなかでも千枚漬、すぐき、しば漬は京の三大漬物といわれています。加賀野菜:加賀野菜とは1945(昭和20)年以前から金沢を中心に栽培されている野菜のこと。現在は加賀太きゅうりや加賀れんこん、金時草(きんじそう)など15品目が認定されています。
「打田漬物 錦小路店」を詳しくみる
「打田漬物 錦小路店」を気になるスポットに追加
「北形青果 近江町本店」を詳しくみる
「北形青果 近江町本店」を気になるスポットに追加
錦小路まるき
地元で愛されてきた、昔ながらの食堂。ふわふわ玉子としっかりとした味付けが特徴の一度は食べたい名物親子丼をはじめ、にしんそばなどの麺類や定食などが味わえます。
近江町食堂
昔ながらの趣が残る居心地のよい店内。食材はすべて近江町市場で仕入れたものを使い、なかでも一番人気はとれたて魚介を使った豪華な海鮮丼。定食や一品料理、石川の地酒も豊富にそろいます。
「錦小路まるき」を詳しくみる
「錦小路まるき」を気になるスポットに追加
「近江町食堂」を詳しくみる
「近江町食堂」を気になるスポットに追加
「比べてみたら、こうでした。」
錦市場商店街を歩くと、塩干物や惣菜などを扱うお店が多いことに気付きます。京都は地理的に新鮮な食材が手に入りにくく、その結果、食材の加工技術が発達したという歴史があるからなのでしょう。一本道の両側に規則正しく店舗が並ぶのも、碁盤の目に例えられる京都の街ならではの風景です。一方、金沢は城下町のため道が入り組んでいるので、近江町市場も大小の通路が交差しています。鮮魚店や青果店の多さが目を引き、錦市場商店街と比べると素材そのものを扱うお店が目立ちました。ぜひ2つの市場を訪ねて、その違いも楽しんでみてください。
ほかにもあります!関西・北陸、普段使いのマーケット
大阪:黒門市場石川:輪島朝市
大和路線「JR難波駅」乗り換え、大阪市営地下鉄千日前線「なんば駅」から「日本橋駅」下車、徒歩3分JR「金沢駅」から北鉄バス「輪島漆会館」下車、徒歩6分
大阪を代表する市場で食いだおれ売り子さんとのおしゃべりが楽しい
大阪の台所とも呼ばれる大市場。鮮魚店や青果店、精肉店や飲食店など約180店舗が店を構え、連日大盛況です。買い物はもちろん、やっぱり外せないのが食べ歩き。粉もん? 魚介? 何を食べようか目移りしてしまいます。 能登の輪島に訪れるなら必ず足を運びたいのが輪島朝市。約360mの「朝市通り」に約250店の露店が並びます。鮮魚や干物、民芸品などを売る売り子さんはほとんどが地元の女性たち。まとめ買いすれば値引きしてくれるかも?
「黒門市場」を詳しくみる
「黒門市場」を気になるスポットに追加
「輪島朝市」を詳しくみる
「輪島朝市」を気になるスポットに追加
京都:北野天満宮 御縁日福井:ふくい鮮いちば
JR各線「京都駅」から市バス「北野天満宮前」下車すぐ北陸本線「福井駅」から京福バス「県民せいきょう」下車、徒歩1分
露店が立ち並ぶ大規模な「御縁日」新鮮食材や高品質の商品をゲット
菅原道真公をまつる全国天満宮の総本社・北野天満宮で、道真公の月命日である25日に毎月開催されるのが天神市と呼ばれる縁日です。食べ物屋や骨董品、雑貨や衣類などたくさんの露店が並び、早朝から夜まで多くの人で賑わいます。 福井市中央卸売市場内にある「ふくい鮮いちば」は一般客が買い物や飲食を楽しめるスポット。鮮度抜群の鮮魚や青果、プロ用の厨房用品などを扱うお店のほか、新鮮な食材を使った料理が味わえる飲食店がそろいます。
「北野天満宮 御縁日」を詳しくみる
「北野天満宮 御縁日」を気になるスポットに追加
「ふくい鮮いちば」を詳しくみる
「ふくい鮮いちば」を気になるスポットに追加
兵庫:魚の棚商店街富山:富山縣護國神社 青空のみの市
JR神戸線「明石駅」から徒歩3分JR「富山駅」から市電「安野屋駅」下車、徒歩3分
水揚げされたばかりのピチピチ「前もの」神社ののみの市で掘り出し物を発見
27-1 約110店舗が立ち並ぶ、兵庫・明石にある商店街。明石漁港で揚がった「前もの」と呼ばれる新鮮な魚介をはじめ、海産加工品や青果などが並びます。特によく知られるのが明石ダコや明石鯛。明石名物の明石焼きを食べるのもお忘れなく。 27-3 富山縣護國神社の境内で原則毎月第1日曜日に開催。特産品や海産物、骨董品や家具、衣類やレコードなどいろいろなものが並び、出店数は約180店にものぼります。きっと掘り出し物が見つかるはず。
「魚の棚商店街」を詳しくみる
「魚の棚商店街」を気になるスポットに追加
「富山縣護國神社 青空のみの市」を詳しくみる
「富山縣護國神社 青空のみの市」を気になるスポットに追加
大阪:大阪市中央卸売市場本場
大阪環状線「野田駅」から徒歩10分
普段は入れない市場内をじっくり見学
大阪市中央卸売市場本場では、一般の方を対象とした市場見学を開催しています。活気のある「せり」の見学や仲卸店舗での仕入れ体験など、卸売市場の仕組みや働きについて学べる貴重な機会です。
「大阪市中央卸売市場本場」を詳しくみる
「大阪市中央卸売市場本場」を気になるスポットに追加
  

掲載情報は2015年10月7日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

  
今は設定しない