2019年10月8日号

福井駅から徒歩圏内 カフェ・本屋さん・庭園… 駅近で見つけた素敵空間

福井駅から徒歩圏内、気軽に立ち寄れるスポットをご紹介します。
居心地のよいカフェ、豊富な豆がそろうコーヒーショップ、オーナーセレクトのアイテムが並ぶ本屋さんなど、雰囲気抜群のお店ばかり。
日本遺産に登録された歴史スポットにも、忘れずに立ち寄って。

居心地のよさバツグンの「su_mu」でいただく彩り豊かなカフェごはん

広々とした開放的な空間で、まるで自分の家でリラックスしているかのような心地よさが魅力の「su_mu」。

su_mu
店内に入ってまず目を引くのがショーケース。カラフルな具材が見た目にもかわいらしい「スモーブロー」が陳列されています。

su_mu
こちらで一番人気の「エッグベネディクト」は、メインの具材を生ハム・ベーコン・スモークサーモンから選べます。アボカドやチーズなどのトッピングを組み合わせて、自分好みの味で注文することができるのもうれしいポイント。

su_mu エッグベネディクト(スモークサーモン、ベーコン・ハム/ランチ、カフェタイムのみ)各495円
食事メニューのほか、ケーキ類や自家製スコーンなどのスイーツもそろいます。食後のおすすめは、ニューヨークチーズケーキ。濃厚ながら甘さ控えめのなので、さっぱりと食べられます。

su_mu
お店は福井駅西側あるガレリア元町商店街内に位置。アーケード内にあるので、天気に左右されずいつでも気軽に訪れることができます。散策途中のひと休みにもおすすめのスポットです。

ハンドドリップで淹れた特別な一杯を楽しめる「BON COFFEE」

「BON COFFEE」は、福井駅前の電車通りに面するコーヒースタンドです。白を基調にしたスタイリッシュな店内で、店主が厳選したコーヒー豆を使ったこだわりの一杯を楽しむことができます。

BON COFFEE
豆はブラジルやコロンビア、グアテマラなど常時10種類ほど並び、いつ訪れてもローストしたてのおいしいコーヒーが味わえます。どれにしようか迷った時は、店主に相談すれば丁寧に応えてくれるので安心。

BON COFFEE ホットコーヒーM 500円
ドリッパーやサーバーがなくても本格的なコーヒーを味わえるドリップバッグやギフトボックスなども販売されているので、プレゼントやおみやげにもおすすめ。

BON COFFEE
お気に入りの一杯を見つけて楽しむもよし、 新しい味を試してみるもよし。ぜひ、あなただけの楽しみ方を見つけてみて。

店主がセレクトした新刊本がずらり!「わおん書房」で過ごすぜいたく時間

2019年4月にオープンした「わおん書房」。児童書やアート本などをメインとした新刊本を扱う街の小さな本屋さんです。

わおん書房
扉を開けると出迎えてくれる本棚のゲートが、非日常空間へ足を踏み入れるワクワク感を演出してくれます。

わおん書房
店内では大小さまざまな本がきれいにディスプレイされていて、個性豊かな表紙に思わず手に取ってみたくなります。

わおん書房
また、ドリップコーヒーを飲みながら、購入した本や持ち込んだ本を読むこともできるスペースも。
ネット書店では味わえない個人書店ならではの魅力にどっぷりと浸ってみてはいかが?

「深緑」の旬野菜メニューを食べて心も体もリフレッシュ

駅近にありながら、隠れ家のような静かな時間が流れるカフェ「深緑」。動物性の食材をいっさい使わないヴィーガン料理を提供しています。

深緑
ヴィーガン料理の主役といえばもちろん野菜。地元農家や契約農家から仕入れた旬の野菜を使ったメニューには、ガレットやカレーなどがそろいます。

深緑 週替わりの菜食プレート(ドリンク付き)1,100円
旬の野菜がふんだんに盛られた「菜食プレート」は、全粒粉小麦のパスタ、ソイミートを使った料理など、週ごとに内容が替わります。玄米ごはん、オーガニックコーヒーや有機紅茶などからセレクトできるドリンクが付く、とことん体にやさしいメニューです。

深緑 スムージー(輝く肌)690円
野菜とフルーツをミックスしたスムージーもおすすめ。「輝く肌」や「グリーンのちから」など、ネーミングからもパワーがもらえそうな5種から楽しめます。
ランチからデザートまで、疲れた体を癒やしてくれそうな一軒です。

\ 福井の歴史スポットも散策しよう! /

2019年、福井県にある石にまつわるストーリーを持つ文化財が、日本遺産に認定。
その中から、福井駅から歩いて行けるスポットを紹介します。

紅葉が美しい「名勝 養浩館庭園」で殿様気分を味わう

福井藩主松平家の別邸で、江戸時代初期から中期を代表する名園のひとつです。1945(昭和20)年の空襲で建物は消失しましたが、1993年に復元。庭園は当時の姿をほぼ残していることから、国の名勝に指定されています。

名勝 養浩館庭園
池を中心に周りを散策できる回遊式林泉庭園になっていて、数寄屋造りの建物が水面に映る景色が美しいと評判です。

名勝 養浩館庭園
座敷から庭を眺めることができるのは、国名勝庭園では珍しいそう。畳の上にゆったり腰を下ろし、殿様気分を味わいましょう。

名勝 養浩館庭園
ピンクや青緑など、色鮮やかな飛石は福井の名石を使用。ほかにも石橋、景石など園内のあちこちに配される石にも注目です。

名勝 養浩館庭園
秋にはヤマモミジなどが色づく美しい風景に出合えます。10月中旬には雪吊りが施されるので、この季節だけの景色を楽しんで。

築城当時の石垣やお堀がそのまま残る「福井城址」でぐるり歴史さんぽ

福井城は、徳川家康の二男で初代福井藩主の結城秀康が1606 (慶長11) 年に築城し、約270年もの間、越前松平家17代にわたって繁栄の舞台となった名城です。現在では、笏谷石(しゃくだにいし)で造られた石垣と堀の一部が当時の姿を残しています。

福井城址
天守台下には、福井城築城当時からあったとされる「福の井」と呼ばれる井戸があります。井戸周りの石敷きや排水溝にも笏谷石が使われています。

福井城址
山里口御門は本丸の西側につながる出入り口に設けられた桝形門で、2018年に復元されました。

福井城址
攻めてきた敵を足止めするためのさまざまな仕掛けが至るところに施されていて、想像力をかきたてられる楽しさもあります。

いかがでしたか?
駅近で、旅の途中に訪れやすいスポットを集めました。福井の街中散策の際に、ぜひ立ち寄ってみてください。

公式アカウントで最新情報を配信中!
マイフェバ公式ツイッター
マイフェバ公式Instagram

掲載情報は2019年10月8日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
船の所要時間は、時間帯、交通事情、利用する港により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ
      
    今は設定しない