2021年2月26日号

絶対写真に収めたい!新潟美景スポット 十日町、妙高、糸魚川、上越

クレジット:マ・ヤンソン/MADアーキテクツ「Tunnel of Light」(大地の芸術祭作品)
提供:(一社)十日町市観光協会

暖かい春が待ち遠しいこの季節。
雪解けを待って訪れたい、新潟県南西部の絶景スポットをご紹介します。
渓谷トンネルに現れたアート空間や美しいブナ林のほか、ノスタルジックな気分に浸れるフォトスポットもピックアップ。
心洗われるようなきれいな景色を堪能しましょう。

    

<十日町>
「清津峡渓谷トンネル」の峡谷美と幻想アートにうっとり

富山の黒部峡谷、三重の大杉谷と並び日本三大峡谷のひとつとして知られる清津峡。柱状節理と呼ばれる特徴的な岩壁と清津川が織りなす景色を、安全に鑑賞できるように造られたのが「清津峡渓谷トンネル」です。

清津峡渓谷トンネル
2018年、大地の芸術祭に合わせ、全長約750mのトンネルが、マ・ヤンソン氏率いるMADアーキテクツによってアート作品「Tunnel of Light」に生まれ変わりました。

最大の見どころは終点にあるパノラマステーション!

清津峡渓谷トンネル [ライトケーブ(光の洞窟)](水)    マ・ヤンソン/MADアーキテクツ「Tunnel of Light」(大地の芸術祭作品)
床一面の水盤とステンレスの壁面に景色が映り込み、幻想空間をつくり出しています。
季節ごとに異なる表情を見せるダイナミックな峡谷美も堪能してください。

また、トンネル内には大自然を間近に感じることのできる3つの見晴所を設置。

清津峡渓谷トンネル [しずく](火)    マ・ヤンソン/MADアーキテクツ「Tunnel of Light」(大地の芸術祭作品)
第3見晴所は近未来を思わせる空間に。天井に張りめぐらされた「露のしずく」が鏡のように反射し、風景を映し出しています。

清津峡渓谷トンネル [見えない泡](金属)    マ・ヤンソン/MADアーキテクツ「Tunnel of Light」(大地の芸術祭作品)
第2見晴所にあるメタリックな作品は、なんとトイレ! 外からは見えず、中からは峡谷の美しい景色を眺められる仕組みになっています。

清津峡渓谷トンネル [色の表出](土)    マ・ヤンソン/MADアーキテクツ「Tunnel of Light」(大地の芸術祭作品)
それぞれの見晴所へ続く道は、異なる色の光の演出が。何かが始まるようなワクワクさせる音も聞こえてきて、非日常空間へと誘ってくれます。

<十日町>
フォトジェニックなアートで人気「越後妻有里山現代美術館[キナーレ]」

「越後妻有里山現代美術館[キナーレ]」は、3年に1度行われる国際芸術祭「大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ」の舞台になる美術館です。

越後妻有里山現代美術館[キナーレ] 原広司+アトリエ・ファイ建築研究所 「越後妻有里山現代美術館[キナーレ]」photo by KIOKU Keizo
回廊の中央に池が配され、コンクリート打ちっぱなしの印象的な建物は、京都駅や札幌ドームを手掛けた日本を代表する建築家・原広司氏の設計によるもの。

越後妻有里山現代美術館[キナーレ]
池が水鏡のように見えるのは、レアンドロ・エルリッヒ氏の作品「Palimpsest:空の池」。見る角度を変えると風景が変わる不思議なアート作品を体感してください。

越後妻有里山現代美術館[キナーレ] クワクボリョウタ「LOST#6」photo NAKAMURA Osamu
      越後妻有里山現代美術館[キナーレ] カルロス・ガライコア「浮遊」photo NAKAMURA Osamu
光と影を利用した「LOST#6」や銀色の紙が粉雪のように舞う「浮遊」など、写真映え必至の作品展示でも人気を集めています。渾身の一枚をぜひ。

※2021年春までは改修中のため館内見学不可。屋外スペースで企画展を開催中。詳細はHPへ
※「Palimpsest:空の池」は積雪の間鑑賞不可

<十日町>
ブナの木が凛と生い茂る「美人林」の美しさに感動!

約3万㎡の敷地一面にブナの木が生い茂るブナ林。その美しい立ち姿から「美人林」と呼ばれるようになりました。

美人林
大正末期に全て伐採されてしまいましたが、翌年一斉に新芽が芽吹き、幹の太さや高さがそろった美しい風景になったそう。ブナの木々は樹齢約100年といわれています。

新緑の景色とはひと味違う雪の季節の美しい景色をご紹介。

美人林
一面雪に覆われまさに銀世界! 小さな池が水鏡になった景色は格別です。太陽の光を浴びて雪がキラキラと輝くとより幻想的な雰囲気に。
※降雪状況によっては、池が雪に埋まっている場合あり

美人林
積雪が2~3mあるので、隣接する「森の学校」キョロロでスノーシューをレンタルして散策を楽しみましょう。初めての人は、ガイド付きの体験プランがおすすめです。

美人林
紅葉が色づく秋に訪れても美しい景色に出合えます。

※ガイド付き体験プラン(要予約)
問い合わせ:025-595-8588(里山ビジターセンター)

<妙高>
マイナスイオンたっぷりの「苗名滝」で森林浴を楽しもう

遊歩道を15分ほど歩くと見えてくる、落差約55mの「苗名滝」。新潟県と長野県の県境に位置し、日本の滝百選にも選ばれる名瀑です。

苗名滝
雪解け水が大量に流れ込む春の景色は迫力満点!「地震滝」の別名にふさわしい豪快さです。

苗名滝
滝までの遊歩道には、県をまたぐつり橋、生い茂る木々、急流など見ごたえある景色が点在します。森林散策を楽しみながら、マイナスイオンをしっかりチャージして♪

苗名滝
秋には滝の周囲の広葉樹が赤く染まり、新緑の春とは違う絶景が広がります。

<糸魚川>
「道の駅 マリンドリーム能生」を起点に線路跡地をサイクリング

ベニズワイガニの直売所で有名な「道の駅 マリンドリーム能生」では、サイクルステーションを設置しています。

道の駅 マリンドリーム能生
旧国鉄北陸本線の線路跡地を利用し、当時の面影が残るトンネルを走ることができる久比岐自転車道が人気のサイクリングコースです。

道の駅 マリンドリーム能生
道中には能生白山神社や弁天岩などの観光スポットが点在するので、立ち寄りながら進むのもあり。

道の駅 マリンドリーム能生
暗いトンネルから見る絵画のような風景も魅力です。美しい日本海を眺めながら風を切る、爽快感を味わいましょう。

※サイクルステーションの利用期間は4月~11月

\ ノスタルジックなスポットにも注目 /

約100年前に建てられた趣たっぷりの空間。思わずカメラを向けたくなるスポットをご紹介します。

<上越>
古民家カフェ「CAFE HAYASHI」で発酵+スイーツを堪能

杉林を抜けると現れる、築130年を超えるかやぶき屋根の邸宅。上越市文化財に指定される林富永邸です。

CAFE HAYASHI
この歴史的建造物を利用したカフェ「CAFE HAYASHI」が金曜~日曜、祝日限定でオープン。上越市で古くから親しまれる発酵食品を使った手作りスイーツが味わえます。

CAFE HAYASHI 酒かすとドライフルーツのパウンドケーキ(ドリンクセット)1,100円
上越の銘酒・雪中梅の酒かすにドライフルーツを漬け込んだ焼き菓子です。しっとりとした食感と酒かす、バターの風味がたまりません。

CAFE HAYASHI
苔が敷き詰められた枯山水庭園を眺めながらスイーツを味わうと、つい時間を忘れてしまいそう。

梁組みが素晴らしい農民仕様の部屋、書院造りになった武家仕様の部屋、当時のまま残る囲炉裏やかまどなど、趣ある建物見学も楽しんで。

<上越>
日本最古級の映画館「高田世界館」でタイムトリップ気分!

1911(明治44)年に芝居小屋として開業、1916(大正5)年に常設映画館となった「高田世界館」。

高田世界館
日本最古の映画館といわれ、現在も支配人・上野さん厳選の作品を上映しています。

高田世界館
当時の面影を残す建物は、国の登録有形文化財や近代化産業遺産にも指定されています。高田城を治めていた榊原家の家紋をモチーフとした天井装飾は一見の価値あり!

2階には、今ではほとんど見られなくなったフィルム映写機が並びます。

高田世界館
現在も使用されていて、上映時間外であれば見学可能。映画祭など、特別イベントの際には解説付きの見学ツアーが開催されることもあるので、事前にHPでチェックして。

\ 新潟みやげを買うならココ! /

<上越>
新潟名物が何でもそろう「おみやげ 寄ってかんかね」

「おみやげ 寄ってかんかね」は、上越妙高駅すぐにある商業施設「エンジョイプラザ」に入るおみやげ店です。

おみやげ 寄ってかんかね
新潟でとれる海の幸、山の幸を加工した食品をはじめ、新潟産こしひかりなどの特産品がずらりと並びます。

おみやげ 寄ってかんかね (左から)翁飴(20個入り)1512円、粟飴918円、翁飴(8個入り)540円
日本で一番古いあめ店といわれる、上越の老舗・髙橋孫左衛門商店の「翁飴」「粟飴」といった銘菓の取り扱いも。

おみやげ 寄ってかんかね
上越を中心とした地酒も豊富にスタンバイ。ほろ酔いコーナーでは有料試飲もできます。
おみやげにしたい逸品がきっと見つかるはず。

      

いかがでしたか?
四季折々の風景が待つ新潟へ、ぜひ足を運んでみてください。

公式アカウントで最新情報を配信中!
マイフェバ公式ツイッター
マイフェバ公式Instagram

掲載情報は2021年2月26日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
船の所要時間は、時間帯、交通事情、利用する港により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ
      
    今は設定しない