2016年3月18日号

比べるトラベル 関西&北陸 第3弾 お庭編

「マイフェバ」で、このマークがついたスポットにチェックインすると100コインがもらえます。
京都石川
東福寺本坊庭園兼六園
奈良線「東福寺駅」から徒歩10分JR「金沢駅」から北鉄バス「兼六園下・金沢城」下車すぐ
「永遠のモダン」が息づく革新的な枯山水庭園風光明媚な庭園が伝える加賀百万石の栄華
方丈の四方にある4つの庭園は作庭家の重森三玲によるもの。苔と敷石の市松模様や従来にはない大胆な石組みなど、どの庭園も伝統の様式を取り入れつつ永遠のモダンを追求した斬新な枯山水庭園です。禅の教えや現代アートにも通じる哲学的な要素が、心静かに自分と向き合う時間を与えてくれます。加賀藩5代藩主の前田綱紀がその礎を築き、歴代藩主が手を加え長い歳月をかけて造られた大名庭園です。広大な敷地に大きな池を設け、園路には灯籠や石橋、四阿(あずまや)や茶屋など多くの見どころや建物が配置されています。共存するのが難しいとされる6つの景観「六勝」を備えていることから兼六園と命名されました。
「東福寺本坊庭園」を詳しくみる
「東福寺本坊庭園」を気になるスポットに追加
「兼六園」を詳しくみる
「兼六園」を気になるスポットに追加
二大庭園を比べてみました
方丈庭園と大名庭園様式見どころ
東福寺本坊庭園は僧侶の住居である方丈を囲むように造られたお庭で、作庭にも禅の教えが影響しています。兼六園は代々の加賀藩主が繁栄や長寿を願って造りあげた、大規模な大名庭園です。方丈の東西南北にある4つの枯山水庭園は、鎌倉時代の質実剛健な風格とモダニズムが両立した近代禅宗庭園。大きな池を中心とした兼六園は、池の周囲に石や景物を配した林泉回遊式庭園です。伝統に学びつつ禅の教えや現代芸術が融合した、東福寺本坊庭園の個性的な佇まいは必見。一方、兼六園の見どころはなんといっても六勝です。本来は共存が困難な6つの景観を堪能しましょう。
兼六園の雁行橋は、石が亀の甲羅の形をしていることから亀甲橋とも呼ばれ、渡ると長寿になるといわれていました日本の伝統的な意匠、市松模様と作庭家・重森三玲の感性が融合した、前衛的なデザインの東福寺本坊庭園 北庭兼六園のほぼ中心に位置する大きな霞ヶ池。周辺には数々の名勝が配置され、回遊しながら四季折々の景観が楽しめます
知っていると庭園めぐりがもっと楽しくなる!日本庭園の三大様式と四要素
池や石、草木など自然の要素を用いて構成される日本庭園は、自然の美しさを取り込むだけでなく、一つひとつの要素や配置の仕方にも意味があります。鑑賞をもっと楽しむために押さえておきたい基礎知識は、ここでチェック!
池泉庭園枯山水露地
水を使ったお庭のこと。池を中心に築山や石組みなどを配し、大海や名勝を再現しています。日本庭園でもっとも多く見られる様式です。水を使わず、砂や石を水に見立てて作庭されるお庭です。禅の思想が広まるとともに発達しました。抽象的な表現が魅力です。茶室に向かう道筋に造られたお庭を指します。山里のさびた風景を模したものが多く、飛び石や灯籠などの設えが見られます。
水石植栽景物
池や曲水、砂や石で表現された海や滝など、今も昔も水は日本庭園の中心的要素です。石組みは景観をつくると同時に、人びとの思想や願いを象徴する役割も果たしています。季節や年月の経過により、庭園の景色に大きな変化をもたらすのが樹木や草花です。景物とは飛び石や灯籠、橋や手水鉢など、機能と鑑賞性を持った庭園施設を指します。
まだある!関西&北陸のお庭
兵庫富山
姫路城西御屋敷跡庭園 好古園松桜閣
世界遺産の姫路城とともに9つのお庭を散策北陸の地で眺める近江の景勝地「近江八景」
趣が違う9つの庭園群で構成された日本庭園です。姫路城を借景にしたぜいたくな眺めはこちらならではのもの。お庭全体が江戸風情を感じさせる造りで、時代劇や映画のロケにもよく使われています。当時の姿を残す数寄屋建築の建物と、近江八景を模した庭園が見学できます。琵琶湖を表す広い池を中心としたお庭は、樹木や石組み、曲水などがバランスよく配置された、富山を代表する名園です。
「姫路城西御屋敷跡庭園 好古園」を詳しくみる
「姫路城西御屋敷跡庭園 好古園」を気になるスポットに追加
「松桜閣」を詳しくみる
「松桜閣」を気になるスポットに追加
京都福井
重森三玲庭園美術館養浩館庭園
日本を代表する作庭家のプライベートな庭園を鑑賞旧藩主の別邸で思い思いの時間を過ごす
昭和に活躍した作庭家・重森三玲の旧宅の一部を一般公開しています。力強い石組みが特徴的な枯山水庭園、江戸期の貴重な遺構である書院は一見の価値あり。見学には事前予約が必要です。錦鯉が泳ぐ大きな池の周囲には石橋や岩島など見どころが多数。池に張り出すように立つ数寄屋造りの屋敷では、ゆっくりくつろぎながらお庭の景観が楽しめます。ついつい長居してしまう庭園です。
「重森三玲庭園美術館」を詳しくみる
「重森三玲庭園美術館」を気になるスポットに追加
「養浩館庭園」を詳しくみる
「養浩館庭園」を気になるスポットに追加
奈良石川
依水園武家屋敷跡 野村家
隣り合う2つの庭園に見る江戸と明治の時代加賀藩の武士が愛でた格調高い坪庭を訪ねる
江戸期に造られた「前園」、明治期の「後園」という2つの庭園で構成されています。雰囲気が異なる2つの庭園を鑑賞しながら、往時に思いを馳せましょう。茶室などの建築も見どころです。江戸時代の武家屋敷と庭園が見事に調和。お庭には樹齢400年のヤマモモやシイの古木、雪見灯籠や名石が配され、曲水や落水が空間をしっとりと潤しています。茶室でお抹茶をいただくのも◎。
「依水園」を詳しくみる
「依水園」を気になるスポットに追加
「武家屋敷跡 野村家」を詳しくみる
「武家屋敷跡 野村家」を気になるスポットに追加
「比べてみたら、こうでした。」
庭園の文化は飛鳥時代に大陸から日本に伝わり、平安時代に花開きました。そのため名高い庭園は関西、なかでも京都に集中。伝統的な池泉庭園から東福寺本坊庭園のようなモダンな枯山水庭園まで、あらゆる様式のお庭が作庭されています。一方、北陸を含め全国に庭園文化が広まったのは江戸時代の頃。兼六園や国名勝 養浩館庭園はいかにも武家らしい豪壮な造りで、当時の藩の隆盛が感じとれます。関西と北陸それぞれの歴史や文化、そして風土によって形造られたお庭を訪れれば、日本庭園の奥深さにふれられることでしょう。
  

掲載情報は2016年3月18日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。

関連特集

  • 比べるトラベル 関西&北陸 第2弾 お寿司編 2015/12/18

    比べるトラベル 関西&北陸 第2弾 お寿司編

  • 比べるトラベル 関西&北陸 第一弾 庶民の台所編 2015/10/7

    比べるトラベル 関西&北陸 第一弾 庶民の台所編