2016年6月6日号

いつもとちがう景色へ 輪島絶景トリップ

モデルコース
輪島の外浦海岸沿いは、大自然の織りなす数々の絶景が見られます。日本の原風景を思わせる見事な棚田や、荒波でつくられた珍しい岩場をめぐりながら、能登の食材を使ったグルメや伝統文化も堪能します。
アプリ「マイフェバ」で、このマークがついているスポットにチェックインすると100コインがもらえます。
わじまあさいち
輪島朝市
輪島の名物がそろう活気ある朝市をそぞろ歩き
輪島に着いたらまずは賑やかな朝市へ。魚介類や野菜、お菓子や民芸品などを扱う露店が道の両側にずらりと並びます。売り手とのおしゃべりを楽しみながら、お目当てのものを見つけましょ。
「輪島朝市」を詳しくみる
「輪島朝市」を気になるスポットに追加

布ぞうり男性用600円 女性用500円
きなこのモチモチドーナツ 60円
塩辛ぱん160円
朝市周辺の立ち寄りスポット
輪島工房長屋
体験や見学が楽しめる輪島塗の職人工房が集合
民芸御食事処まだら館
民芸品に囲まれた店内で能登の郷土料理を味わう
「輪島工房長屋」を詳しくみる
「輪島工房長屋」を気になるスポットに追加
「民芸御食事処まだら館」を詳しくみる
「民芸御食事処まだら館」を気になるスポットに追加
12-L 鴨ヶ浦遊歩道
日本海の荒波に削られたユニークな岩場をお散歩
寄せては返す波によって生まれた、白っぽい岩が広がる不思議な場所。そんな岩場に設けられた遊歩道をのんびり歩きます。青く透き通る海をのぞけば、すいすいと泳ぐ魚や磯の生き物たちが見られるかも。
「鴨ヶ浦遊歩道」を詳しくみる
「鴨ヶ浦遊歩道」を気になるスポットに追加
海蝕によってできた岩場には「猫地獄」(写真右)や「大蛇の背」(写真左)などユニークな名前のついた岩も※2016年4月18日~8月10日まで道路工事のため停車しません。上記期間は、鴨ヶ浦遊歩道から徒歩7分のバス停 輪島崎北を利用
やぶ新橋店
和の風情ただよう食事処でピチピチ海鮮丼ランチ
輪島に来たならやっぱり外せない海の幸。地元の人も訪れる人気の食事処で、新鮮なネタがたっぷり盛られた海鮮丼を堪能します。ちょっとぜいたくな御膳や、自家製のおそばもおすすめです。
「やぶ新橋店」を詳しくみる
「やぶ新橋店」を気になるスポットに追加

キリコ祭り
輪島キリコ会館
幻想的でエネルギッシュなキリコ祭りをリアルに体感
輪島で欠かせない行事が伝統のキリコ祭り。祭り囃子が流れる館内ではキリコの展示やスクリーンシアターによるキリコ祭りの上映などが行われ、キリコ祭りの熱気を本物さながらに体感できます。
「輪島キリコ会館」を詳しくみる
「輪島キリコ会館」を気になるスポットに追加
Iron
隠れ家のような場所でゆったりブレイクタイム
自然に囲まれたおしゃれな食事処でちょっと休憩。日本海をイメージしたサイダーは、輪島で過ごすひと時にぴったりのドリンクです。お腹が空いたら看板メニューのピザをいただくのもアリ。
「Iron」を詳しくみる
「Iron」を気になるスポットに追加
白米千枚田
世界に認められた能登の棚田の美しさに感動
日本初の世界農業遺産「能登の里山里海」を代表するスポットでは、息をのむほどの絶景に出合えます。海に面して連なる棚田は、人の手と自然が生んだ美しい景観。四季折々にその表情を変えます。
「白米千枚田」を詳しくみる
「白米千枚田」を気になるスポットに追加
あぜのきらめき
白米千枚田では、稲刈りが終わったあとの秋から春にかけて、棚田のあぜに2万1,000個のLEDが灯されるイルミネーションイベントが行われます。30分ごとに色を変えながらゆらめく光が棚田一面を彩る幻想的な光景をぜひ。
白米千枚田周辺で立ち寄るなら
道の駅 千枚田ポケットパーク
絶景を眺めながら味わう名物・お米ソフトクリーム
千枚田の隣にある道の駅です。千枚田ならではのおみやげや輪島の特産品を販売するほか、ソフトクリームやおにぎりなどのご当地グルメが味わえます。千枚田と日本海を望む展望デッキもあり。
「道の駅 千枚田ポケットパーク」を詳しくみる
「道の駅 千枚田ポケットパーク」を気になるスポットに追加
道の駅 輪島 ふらっと訪夢
手間を惜しまず造られた伝統の調味料を食卓に地元の醤油屋・谷川醸造の醤油やいしるなどの調味料をはじめ、干物などの海の幸、美しい輪島塗など、輪島の特産品がそろいます。観光案内所では輪島通のスタッフによる輪島観光のサポートも。
「道の駅 輪島 ふらっと訪夢」を詳しくみる
「道の駅 輪島 ふらっと訪夢」を気になるスポットに追加
  

掲載情報は2016年6月6日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。