2016年4月11日号

能登に行ったら外せない!ぜいたく能登丼5選

のどかな里山の景色が残る能登半島は、豊富にとれる山海の幸を生かした食も魅力のひとつ。なかでも能登のよさをギュッと詰め込んだご当地グルメ「能登丼」は、奥能登地区で提供される地元素材を使ったオリジナリティあふれる丼です。能登の恵みを堪能できるこだわりの丼からとっておきの逸品をご紹介します!
朝どれの魚介を豪快に食す!「福寿司」の能登丼 地物海鮮能登丼(汁物、小鉢付き)3,210円
その日の朝にとれた新鮮な魚が、14~15種類ものったぜいたくな丼。能登に来たなら、能登のおいしいものを存分に食べてほしいという、店主の気持ちが伝わります。
別名「まいもんの里駅」の愛称でも呼ばれる穴水駅からほど近い、常連さんから愛される老舗の寿司店。店内には、ひいきにしているお客さんからの色紙メッセージが並び、眺めているだけでも楽しめます。ここでいただけるのは、究極の海鮮丼とも呼び声高い能登丼。その日に揚がった魚しか使わないという、店主のこだわりがどんぶりに詰まっています。季節やその日の水揚げ状況によって変わるネタは、一期一会。クジラや貴重な赤西貝など、能登でしかとれない食材に出会えることも。
詳しく見る


肉党必見!「カフェ&レストラン PICCORO」の絶品 能登牛ステーキ丼 ピッコロステーキ丼(デザート付き)3,900円
きめ細やかで上品な脂が特徴の能登牛。醤油ベースのシンプルな味付けで、肉本来の旨みが十二分に味わえます。満足度の高い丼を提供できるのは「能登牛認定店」だからこそ。
驚きのやわらかさと、とろける食感が人気のブランド牛「能登牛」を扱うカフェレストラン。県内でも取り扱う店が少ないという希少な能登牛を、惜しげなく100g使用した丼は、満足度満点!レア感を残した絶妙な火入れ具合が、さらにおいしさを引き出します。お肉の焼き具合は、好みによってオーダーすることも可能。細やかなサービスと肩肘を張らない店内の雰囲気のよさが光るお店で、カップルやファミリーにもおすすめです。立山連峰を望みながらおいしい食事を楽しみましょう。
詳しく見る


見た目も味も楽しめる!彩り豊かな「民芸御食事処 まだら館」の海鮮丼 海鮮能登どんぶり(汁物、香物、小鉢付き)1,800円
訪れるたびに、違った旬の魚や能登の恵に出会えます。お料理を輪島塗の器でいただけるのも、よい旅の思い出に。その土地の味を、その土地の器で堪能できます。
能登近海で水揚げされた、新鮮な海の幸が堪能できる食事処。自慢の海鮮丼は、ツヤツヤご飯の上に、鯛やホタルイカ、鱈の子付けなど、季節によって変わる旬のネタが豪華に並びます。ほかにも、能登近海で揚がる新鮮な魚介と地物野菜を使った郷土料理や、輪島名物魚汁(いしる)の貝鍋がいただける朝市定食、お刺身盛り込み定食など漁師町だからこそ味わえる料理がラインアップ。地酒も豊富にそろいます。1階には漆塗りの個室を、2階には70畳の大広間を完備していて大勢での宴会にも利用できます。
詳しく見る


ご飯と肉の相性抜群!「御食事処 はしもとや」のブランド豚丼 αの豚丼(汁物、香物付き)1,000円
ヘルシーな豚肉としても知られる「αの恵」のおいしさを堪能できる、満足感ある丼。門前周辺のみでしか味わえない希少な地酒「亀泉」も取り扱っています。
能登、門前町のふもとでおいしい水と空気、ストレスの少ない好環境で育った能登のブランド豚「αの恵」を使った特製丼が味わえます。「αの恵」は、やわらかい食感のよさとヘルシーさが特徴的。そのジューシーな豚肉を、能登で作られる調味料魚醤(いしり)と珠洲の天然塩で味付けます。魚醤が初めてという人でも食べやすいよう工夫されていて、旨みたっぷり、さっぱりした口当たりながらもコクを感じられる一杯です。旨み十分の塩味は、ご飯との相性もバッチリ!思わず箸がすすみます。
詳しく見る


幻の大豆を使った「珠洲ビーチホテル レストラン『カメリア』」のヘルシー豆腐丼 大浜大豆の豆腐丼(能登丼)950円
やさしい豆の風味と、ふわふわの食感に驚く一杯。おいしいコシヒカリに、豆腐とやさしいだしが三味一体となって、口いっぱいに大豆の風味が広がります。
能登半島の先端にある珠洲の狼煙で、一度は途絶えそうになりながらも脈々と作り継がれてきた地豆「大浜大豆」。珠洲ビーチホテル1階のレストラン「カメリア」では、幻の大豆といわれた大浜大豆を使った豆腐丼がいただけます。珠洲産の豆、水、にがりを使い丁寧に作られる豆腐は、甘みと香りが強く、クリームのようになめらかな食感が最大の特徴。能登丼以外にも、蛸島港に水揚げされた新鮮な魚介類や能登牛、地元の野菜など、能登の恵みをたっぷり使ったおもてなし料理が楽しめます。
詳しく見る

掲載情報は2016年4月11日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

おすすめ記事

      
    今は設定しない