2016年6月10日号

早起きして行きたい! 輪島朝市の食べ歩きグルメ5選

売り手のおばあちゃんたちのかけ声で賑わう能登の人気観光スポット・輪島朝市には、輪島ならではのおいしいものもがいっぱい。値段の交渉をしながら市場めぐりを楽しむ合間に、手軽に食べられる朝市グルメも楽しみましょ。能登素材を生かした名物から、お菓子にお酒まで、味わっておきたいとっておきの逸品をご紹介します!
食べ歩きに最適! 老舗精肉店「藤田総本店」の能登産絶品コロッケ コロッケ1個90円。
極上の合挽き肉の旨みが溶け込んだコロッケは、サクッと揚がった衣にホクホクのじゃがいもがおいしいハーモニーを奏でます。値段もリーズナブルで食べ歩きにぴったり
朝8時半から営業している昔ながらの精肉店。輪島で唯一能登牛の精肉を扱う店舗で、店内には奥能登の大自然で育った能登牛をはじめ、厳選された和牛肉が並びます。商品棚には、串に刺してセットされた惣菜が豊富にそろい、注文を受けてから特製の油で揚げてくれるうれしいサービスも。なかでも人気のコロッケは能登牛と能登豚、特選の国産牛をトロトロになるまで煮込み、じゃがいもに練り込むぜいたくな逸品! うずらの卵、ソーセージ、フランクフルトをセットにして揚げる、輪島ご当地B級グルメ「かかし」とともに、長年にわたり老若男女に愛されています。
詳しく見る


地元で愛され続ける名物和菓子!「饅頭処つかもと」のえがらまんじゅう えがらまんじゅう1個150円。
弾力のあるもち米の食感と、中に入っているこしあんのやさしい甘さがベストマッチ!午前中には売り切れることも多いという人気商品なので、食べたいときはお早めに
能登地方で昔から食べられ、観光バスガイドの口コミで徐々に名物として浸透していった「えがらまんじゅう」。形が栗のイガに似ていることと方言のなまりから、えがらと呼ばれるようになり、広く親しまれています。きめ細やかでなめらかな舌触りと、あっさりとした甘みが特徴のこしあんを、練りあげたもち粉で包み、くちなしの黄色で染めたもち米をそのままの形でまぶしたお菓子は、一度食べたら忘れないビジュアルとおいしさ。店頭では、蒸したての温かい状態を1個から購入でき、よりもっちりとした食感をその場で味わえます。
詳しく見る


能登伝統の魚醤が香ばしく薫る!「香華園」のいしる鯛焼ちくわ いしる鯛焼ちくわ1本250円。
いしるを味わうのが初めてというお客さんがほとんどでありながら、屋台周辺に香るいしるのにおいに惹かれて旅行客が集まり、手軽に能登の伝統の味を楽しんでいます
朝市で30年以上にわたり、いしる鯛焼ちくわ一筋の販売を続ける屋台。売り手のお父さんが焼機でちくわを焼きながら、手際よく表面にいしるを塗り、リズミカルにくるくるとちくわを回転させる光景は、まさに輪島朝市の名物のひとつです。いわしを原料に3年熟成した芳醇な香りが特徴のいしるに負けないよう、弾力と生地に厚みのあるちくわを選ぶのがこだわりで、その絶妙なバランスが長年愛され続けています。ちくわを片手に朝市通りをぶらぶらする輪島ならではのスタイルに挑戦してみてはいかが?
詳しく見る


能登素材100%!「炭火焼コーナー」の能登米おむすびで腹ごしらえ 玄米入り塩むすび1個100円。
もちもち食感のコシヒカリ、香り豊かな能登ひかり、さっぱりとした食感のゆめみずほと、それぞれの特徴を生かしブレンド。表面をカリッと焼いて食べればそれだけでごちそう
朝市で売り子をするおばあちゃんたちも朝食や昼食に利用する「炭火焼コーナー」。おばあちゃんたちのお目当は、コーナーの一角で販売されているおむずびです。シンプルでありながら、能登で収穫したお米と珠洲の塩の最強タッグを組み合わせた能登素材100%の逸品。作っているのは、奥能登米専門店を営むお米のプロだけに、ごはん本来のおいしさを十分に味わわせてくれます。朝市で買った魚介などもその場で焼くことができるので、ちょっとリッチな朝ごはんを楽しむのもおすすめです。
詳しく見る


「日吉酒造店」の希少な銘酒で、朝からほろ酔い幸せ気分! 立ち飲み一杯(大吟醸 金瓢白駒350円、純米吟醸 ささのつゆ250円、純米酒 おれの酒200円など常時6種類)。
おつまみの販売もあるので、ゆったり飲みもできます。アルコールはちょっと…という人にはすっきりとした甘みが特徴的な甘酒も。上質な酒粕を使ったぜいたくな一杯です
石川の米(吟醸酒以外)を使い、敷地内に湧き出る井戸水で仕込んだ日本酒を製造している酒蔵で、希少な日本酒の一杯ちょい飲みが楽しめます。立ち飲みできる銘柄は常時6種類。春にはにごり酒やしぼり酒、秋には冷おろし、冬には熱燗と季節によってラインナップが変わるので、その時々で旨みのある銘柄を味わいましょう。座って飲めるスペースがあり、長居も歓迎してくれるので、ちょっと一杯から宴会モードに突入したお客さんもいるというほど。朝から気持よく酔える居心地のいい酒蔵です。
詳しく見る

掲載情報は2016年6月10日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

おすすめ記事