2017年11月21日号
建築めぐりのススメ 金沢・加賀・能登
建物自体がアート!空間も楽しめるミュージアム
石川県には有名建築家が手掛けた美術館や歴史ある建物を利用した博物館など、空間そのものも楽しめるミュージアムが点在。斬新な設計やユニークなコンセプトなど、見どころをご紹介します!
JR各線「金沢駅」からバス
金沢21世紀美術館
建築と街が一体となった開かれたミュージアム
妹島和世氏と西沢立衛氏による建築家ユニット・ SANAAの代表作のひとつ。「まちに開かれた公園のような美術館」をコンセプトに、正面や裏側といった区別のない円形が採用されています。幻想的な夜のライトアップも必見です。

「金沢21世紀美術館」を詳しくみる
ジャネット・カーディフ & ジョージ・ビュレス・ミラー
「ジャネット・カーディフ & ジョージ・ビュレス・ミラー」を詳しくみる


能登島ガラスコレクション 新収蔵品展 ~ガラスのカタチ~
七尾線「和倉温泉駅」からバス
石川県能登島ガラス美術館
海を望む高台に映える近未来的な建築
日本海を見下ろす高台に位置する、個性的な建物が目を引きます。手掛けたのは、東洋思想をイメージ化した独創的なデザインで知られる建築家・毛綱毅曠。漆塗りの手すりなど、館内装飾に取り入れられた石川県の伝統産業にも注目です。

「石川県能登島ガラス美術館」を詳しくみる
「能登島ガラスコレクション 新収蔵品展 ~ガラスのカタチ~」を詳しくみる
JR各線「金沢駅」からバス
いしかわ赤レンガミュージアム 石川県立歴史博物館
緑に映える赤レンガ建築が郷土の歴史を語り継ぐ
赤レンガの建物は、陸軍兵器庫として使われていたもの。当時の面影を残しつつ、現在は石川の歴史と文化を紹介する博物館になっています。建物を知ることで、歴史の重みがより一層感じられます。

「いしかわ赤レンガミュージアム 石川県立歴史博物館」を詳しくみる

北陸本線「加賀温泉駅」からバス
国指定史跡 九谷焼窯跡展示館
最新技術の現代建築が守る受け継がれてきた歴史遺産
1826(文政9)年から1965(昭和40)年頃まで使われていた九谷焼の窯跡を整備。窯跡を保護する覆屋は、建築家の内藤廣氏の設計です。シンプルで落ち着いた建物が、史跡をさらに際立たせています。
「国指定史跡 九谷焼窯跡展示館」を詳しくみる
駅でお出迎えする金沢らしさが詰まったアートな建築
JR各線「金沢駅」直結
金沢駅もてなしドーム
金沢の玄関口であるJR金沢駅を降りると、3,019枚ものガラスとアルミフレームを使用した最先端のドームが迎えてくれます。石川県の伝統芸能である加賀宝生の鼓をイメージした鼓門は、伝統と革新が共存する金沢のシンボル的存在。おでかけの際は、駅で出迎える金沢ならではの建築にも注目してみましょう。
  

掲載情報は2017年11月21日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    初めての方へ