2017年12月12日号
温泉・グルメ・観光を満喫 魅惑の加賀温泉郷
開湯1300年の歴史を持つ温泉地。かつては北大路魯山人や与謝野晶子など多くの文人墨客も訪れました。総湯をぐるりと囲むように湯宿が立ち並ぶ「湯の曲輪」と呼ばれる町並みが今も残り、当時の趣を感じながらまち歩きが楽しめます。山代温泉かつての文化人を魅了した湯の曲輪をそぞろ歩き
明治時代の総湯を復元し、入浴しながら当時の温泉文化を楽しめる共同浴場。内装には色鮮やかなステンドグラスと拭き漆、当時のままの絵柄を再現した九谷焼のタイルが施されています。明治時代の総湯を復元した山代温泉のシンボル山代温泉「古総湯」
「山代温泉「古総湯」」を詳しくみる
山代温泉の立ち寄りスポットをCheck!
1915(大正4)年の秋から魯山人が約半年間生活した、旅館吉野屋の元別荘を見学。実際に使っていた仕事部屋や囲炉裏の間、魯山人も眺めたであろう庭園は、時が止まっているかのような佇まいです。かつての姿を今に残す魯山人が愛した山代の別荘魯山人寓居跡 いろは草庵
「魯山人寓居跡 いろは草庵」を詳しくみる

九谷焼の作家が実際に使っている道具や絵の具と同じものを使って、本格的な絵付け体験をすることができます。無地の茶碗やお皿に思い思いの絵を描いて、自分だけの器を作ってみましょう。九谷焼の絵付け体験で旅の思い出づくり九谷焼体験ギャラリーCoCo
「九谷焼体験ギャラリーCoCo」を詳しくみる
選べる具材がのったおひつごはんに、温泉卵や小鉢などが付いたボリューム満点のランチが味わえます。具材は、加賀五目・鮭・明太子・梅干ちりめんの4種からお好きなものをひとつ選べます。雰囲気満点の和カフェで味わう名物おひつ膳ランチギャラリー&ビストロ べんがらや

「ギャラリー&ビストロ べんがらや」を詳しくみる

小腹が空いたら「はづちを茶店」に立ち寄って、地元の素材を使った甘味をいただきながらひと休み。別棟の「丹塗り屋」には、地元作家の九谷焼や山中漆器、吹きガラスやアクセサリーが並びます。茶店とショップを併設した山代温泉街の憩いの場はづちを楽堂
「はづちを楽堂」を詳しくみる
  

掲載情報は2017年12月12日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    初めての方へ
    今は設定しない