2017年12月19日号

空間と本を楽しむ! 北陸の建物がユニークな図書館&本屋

外の寒さが厳しくなりつつある季節、あたたかい室内でのんびりと読書を楽しんでみませんか? 今回は、わざわざ訪れたくなる斬新な建築やユニークな空間が魅力の図書館&本屋さんをご紹介! ひと味違った読書タイムが過ごせる、とっておきの場所を見つけてください。

<石川>新スポット誕生! 新市立図書館「学びの杜ののいちカレード」 学びの杜ののいちカレード
2017年11月、石川県野々市市に新市立図書館がオープン。図書館と市民学習センターの機能を併せ持つ新施設に注目が集まっています。建物周辺の遊歩道には、散歩を楽しむ人の姿も。

学びの杜ののいちカレード
図書館の中心で目を引くシンボリックなブックタワーは、高さおよそ9メートル。天井まで本がズラリと並ぶ光景は、圧倒される迫力です。ブックタワーは館内に2つ設けられています。

学びの杜ののいちカレード
児童図書スペースには野々市市出身のアニメ監督・米林宏昌氏によるイラストが描かれた円形の昇降幕(パオ)が設けられているほか、併設のキッチンスタジオや工房、陶芸体験ができる創作スタジオでは毎月イベントの開催もあり、カルチャースポットとしても目が離せません。


学びの杜ののいちカレードのスポットDATAをみる




<富山>斬新な建築の「富山市立図書館 本館」で観光や文化の情報収集! 富山市立図書館 本館
太陽の光を反射し、独創的でダイナミックな存在感を放つ「TOYAMAキラリ」は、世界的な建築家、隈 研吾氏が設計を手掛けています。建物の中にある「富山市立図書館 本館」で富山のガラス芸術や観光地、文化の情報を収集してみましょう。

富山市立図書館 本館
3階には児童図書が、4階には一般図書・ガラス芸術資料が、5階には雑誌、新聞や郷土に関する資料・参考図書など約45万冊が所蔵されています。

富山市立図書館 本館
木をふんだんに取り入れた館内は開放感にあふれ、ゆったりとした時間を過ごすことができます。館内には「富山市ガラス美術館」「ミュージアムショップ」や飲食店もあり、観光の合間に立ち寄るのもおすすめです。


富山市立図書館 本館のスポットDATAをみる




<福井>書院のような心地よい静けさが体感できる「福井県立図書館」 福井県立図書館
「幕張メッセ」などメタリックな建築作品やモダニズム建築作品で知られる、建築家の槇 文彦氏が手掛けた公共図書館。中心にある、オレンジのテラコッタタイルが目印です。

福井県立図書館
国内有数の広さと蔵書数を誇る館内は、書院をイメージした直線的な空間です。多くの本がズラリと並ぶ開架スペースの凛とした空気が心地よく、重厚でありながらも開放感があります。

福井県立図書館
館内には、福井県出身の漢字・文学研究者、故白川静博士の書斎を復元した「白川文字学の室」や、ゆかりの作家作品を紹介する「福井県ふるさと文学館」があり、福井文学の新しい魅力を発見できます。


福井県立図書館のスポットDATAをみる




<石川>建築ファン必見! アートな佇まいが魅力の「金沢海みらい図書館」 金沢海みらい図書館
外から見えるたくさんの丸窓の数は、なんと約6,000個! 斬新なデザインは、工藤和美氏と堀場弘氏による建築家ユニット、シーラカンスK&Hによるもの。金沢を代表する現代建築として、訪れる人の目を楽しませています。

金沢海みらい図書館
真っ白な壁と壁を覆い尽くす丸窓は、太陽光をたっぷりと取り入れ、館内にはやわらかな自然光が差し込みます。開放感にあふれた空間の中で手に取る本は、印象深い一冊になりそう。

金沢海みらい図書館
1階では児童図書コーナーが、2階では一般図書、雑誌や地元情報誌の閲覧ができます。蔵書数は約27万冊(平成28年度現在)。その中から、金沢ゆかりの一冊を手に取ってみませんか?


金沢海みらい図書館のスポットDATAをみる




<石川>「zuiun金沢店」でちょっと大人な読書タイムを zuiun金沢店
金沢市内にある「zuiun金沢店」は読書も楽しめるライフスタイルショップです。店内の明かりが漏れ出す外観は上質な雰囲気が漂います。

zuiun金沢店
1階では、暮らしを楽しくする家具や雑貨、アパレルなどのアイテムを販売していますが、地下へ降りると薄明かりに照らされた空間が広がるブックカフェが。ブックソムリエが選んだ約2,500冊の本が並び、カフェメニューを注文すると利用できます。

zuiun金沢店
写真集やインテリアブックなどの専門書のほか、純文学から絵本、旅行記など本のジャンルはさまざま。バリスタが入れるハンドドリップコーヒーや紅茶、自家製ジュースとともに大人の読書を楽しんでみてはいかが?


zuiun金沢店のスポットDATAをみる




<富山>大人も子どもも絵本の世界にどっぷり浸る「豆古書店」 豆古書店
富山市にある古絵本専門のブックカフェ。30年ほど使われてきたガレージを改装したお店は、かわいらしいスカイブルーのドアが目印です。

豆古書店
店内は木を基調にした本棚やインテリアが配され、落ち着いた雰囲気。壁には店を訪れた子どもたちが描いたイラストが所狭しと飾られ、まるで絵本の中のような癒やしの空間です。

豆古書店 コーヒー400円、はらぺこキッズ650円
好きな絵本を手に取りながら、自家製プリンとパンケーキを楽しむのが、この店でのお楽しみ。ひと口サイズの小さなパンケーキは、ページをめくりながらでも食べやすいサイズで、大人にも子どもにも人気のメニューです。


豆古書店のスポットDATAをみる




いかがでしたか? お気に入りの場所を見つけたら、建築の素晴らしさや独特の雰囲気も楽しみながら、家では味わえない読書タイムを満喫してみてくださいね。


掲載情報は2017年12月19日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事