2016年1月15日号

ゆるり1DAYトリップ

赤穂海辺にある小さな街をのんびりめぐろう
2016年3月31日までに、このマークがついたスポットにチェックインすると100コインがもらえます。 ※初回チェックイン時のみです
拡大 縮小
SAKURAGUMI
まずは人気ピッツェリアで本場ナポリの味を堪能!
赤穂御崎の遊歩道の先にあるナポリ料理のレストラン。ナポリから直輸入した食材と調理法にこだわった料理は、どれもボリューム満点でお腹も心も満たされます。目の前の海を眺めながら過ごす優雅なひとときに、まるでナポリを訪れたかのような気分が味わえます。
01.シェフのおまかせコース3,990円(ランチ、2名〜)。日替り前菜盛り合わせ、おまかせPizza、季節のシェフのおすすめのパスタ、本日のお肉料理orお魚料理、デザート、ナポリのエスプレッソor紅茶がセット。オーナー自らデザインしたというナポリを象徴するモチーフが描かれた窯で焼きあげるピザは、もっちりと弾力があり食べ応え抜群です
「SAKURAGUMI」を詳しくみる
「SAKURAGUMI」を気になるスポットに追加
CAPE HOUSE
赤穂の伝統工芸でかわいいを発見
昭和の建物を改装した、赤穂緞通(あこうだんつう)のギャラリー&工房。直線や曲線を織り交ぜたユニークなデザインの赤穂緞通は、風合いと手触りが魅力です。約100年前の古緞通を小さな額におさめたタペストリーは、お部屋にやさしい雰囲気を添えてくれそう。
01.文様を際立たせるために握り鋏で念入りに摘みの作業をしている様子。江戸時代にひとりの女性が考案した赤穂緞通は、今も女性によって支えられています
「CAPE HOUSE」を詳しくみる
「CAPE HOUSE」を気になるスポットに追加
クーポン提示方法
御崎ガラス舎
きらめくガラス細工を旅の思い出にガラス作家のオカモトヨシコさんのアトリエ&ショップ。工房で体験できるガラス制作は、ガラスアクセサリー作り、バーナーワーク、サンドブラスト、ガラスモザイクの4種より選べます(要予約)。土・日・祝はショップ営業も。
01.ガラス制作体験 1名3,500円(お茶付き)。
写真は完成品のイメージです
「御崎ガラス舎」を詳しくみる
「御崎ガラス舎」を気になるスポットに追加
「日本の夕陽百選」にも選ばれた、夕日に染まる海にうっとり♪
赤穂御崎で夜カフェするなら♪ 御崎カフェ
海辺の町に佇む小さな古民家カフェ
赤穂温泉街の一角に残る古いみやげ物店を改装した、本を読みながらゆったり過ごせるカフェ。猫好きのオーナーが集めた猫の本のほか、小説や童話が本棚に並んでいます。お酒も楽しめるので、ソファで家のようにくつろいでいく人も。
01.チャイ550円と本日の手作りケーキ400円。スパイス香るチャイでほっこり♪
「御崎カフェ」を詳しくみる
「御崎カフェ」を気になるスポットに追加
近くにはこんなエリアも!
播州赤穂駅からひと駅で坂越駅に到着。瀬戸内海の穏やかな波音とともに、江戸時代の赤穂浪士たちの繁栄の名残ある町並みが静かに迎えてくれます。地元の人の温かさも、この土地の魅力のひとつです。 坂越
暖木
古道具屋さんが始めた雑貨とカフェのお店
古い木造建築を利用した雑貨とカフェのお店。店内には、アンティーク雑貨や作家ものの器、自家栽培した野菜などが並びます。やさしい雰囲気の中、手作りスイーツとサイフォンで淹れたコーヒーでほっとひと息つきましょう。
01.洋なしのタルト400円(ドリンクセットは+300円)、コーヒー400円。重厚感ある味わいのコーヒーがケーキと相性グッド
「暖木」を詳しくみる
「暖木」を気になるスポットに追加
赤穂市指定有形文化財 旧坂越浦会所
元赤穂藩主の茶屋で遠い昔に思いをはせて
1832(天保3)年に建てられた、赤穂市指定有形文化財の旧坂越浦会所。かつて1階は赤穂藩主が立ち寄る茶屋で、2階は藩主専用の宿泊所だったとか。2階にある「観海楼」と名付けられた部屋で、藩主らは窓越しに美しい坂越湾と月を眺めたといわれています。
「赤穂市指定有形文化財 旧坂越浦会所」を詳しくみる
「赤穂市指定有形文化財 旧坂越浦会所」を気になるスポットに追加
クーポン提示方法
赤穂に行くならおトクな駅プランもチェック!
「潮彩きらら 祥吉」和みプラン
おとな1人前(造り・牡蠣鍋は2人前)・イメージ 赤穂 かき三昧
「赤穂 かき三昧」を詳しくみる

掲載情報は2016年1月15日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    今は設定しない