2017年4月14日号

JR神戸線:芦屋・三ノ宮・元町 毎日通いたくなる! デリ&グロッサリーのお店

この春は、食卓から豊かな生活をはじめてみませんか?JR神戸線の沿線にある、本格的なデリをテイクアウトできるお店や、選りすぐりの食材を集めたグロッサリーをご紹介します。


<芦屋>地方で見つけてきたおいしい食材がそろう「GOOD LOCAL MARKET CA」
西日本産を中心に農薬不使用の野菜や有機野菜の販売や配送を手掛ける「ORGANIC VEGETABLE CA」の2号店です。
代表の福原さんは、各地の農家さんを訪れる中で、野菜はもちろん、おいしい加工品や調味料にもたくさん出会いました。


手作りのドレッシングやジャム、ピクルス、オーガニックのハラペーニョを使った柚こしょう、レストランのお惣菜、無添加のお菓子など、こちらでは丁寧に作られたおいしい食材を幅広く集めています。

ごまと野菜のドレッシング780円。六甲の野菜レストラン「MONT TABLE」の手作りで、サラダが一層おいしくなるイチオシの新商品

自然栽培の肉厚な梅ぼしや農家さんが手作りする味噌なども人気です。


もちろん野菜やフルーツ、お米など、農薬・化学肥料不使用の新鮮な農産物もセレクト。
気になるローカルフードがいっぱいで、あれもこれも手が伸びてしまいそうです。


GOOD LOCAL MARKET CAのスポットDATAをみる


<芦屋>レストランの味を食卓で楽しめる「たかやマルシェ」のフレンチデリ
オーナーシェフの髙山英紀さんが「ママやお子さんなど、なかなかレストランに行けない方に楽しんでもらえるように」と、サラダやデリ、サンドイッチなどレストランの味を届けています。

ブリオッシュ1斤640円、1本1,920円 ※数量限定
スペシャリテはブリオッシュ。
北海道産のフレッシュバターと卵黄の色も味も濃い卵をぜいたくに使用したブリオッシュは、数量限定なので予約がおすすめです。
ブリオッシュを使ったサンドイッチも並びます。

ブリオッシュサンド 1個320円~
もうひとつの看板が、アーモンドの風味たっぷりのフィナンシェ。

フィナンシェ1個75円。表面のカリカリとした食感が楽しい逸品
少量ずつ焼きあげるので、いつでも焼きたて!

カヌレ1個90円
髙山シェフの師匠・ジルシェフ直伝の本場のカヌレも人気上昇中です!


たかやマルシェのスポットDATAをみる


<三ノ宮>毎日使いたい西洋保存食品専門店「Aquarelle」の瓶詰め食品
フルーツを使ったジャムやコンポートはもちろん、ナッツやピクルス、サルサなど、さまざまな食材をすべて瓶詰めで提供しています。
70種以上もある商品の中でも一番人気はジャム。

(左から順に)アクアレールスペシャル1,350円、和三盆いちごS 1,100円、モーニングブラストS 980円、(上)ピスタチオピスタチオS 1,100円
アクアレールスペシャル:パイナップル、ラムレーズン、パパイヤを使ったぜいたくな濃厚さが特長
和三盆いちご:和三盆のコクやおいしさがイチゴとマッチ
モーニングブラスト:パイナップルとオレンジの皮の角切り、アプリコットジュレのさわやかな組み合わせ
ピスタチオピスタチオ:一日じっくり低温でローストしたピスタチオを使ったミルクがベース


瓶詰めのヒントはオーナーシェフの太田さんがアメリカ滞在時に得たもの。
「レストランの同僚のフランス人が残った食材を瓶に詰めて保存し、食事ごとに添えていた」といいます。


フリーズドライの果物を使った甘いふりかけといった珍しい商品にも注目を。


AquarelleのスポットDATAをみる


<元町>素材のおいしさが際立つ「NEIGHBOR FOOD」の旬野菜のデリと焼き菓子
ワイン好きな人々の間で有名なワインショップ「ジェロボアム」の向かいに構える2号店。
オーナー夫婦がワインと一緒に発見したおいしい食材とデリを提供しています。


奥様が作るデリは、篠山や神戸の農家で生産された旬の野菜を使い、素材の味をシンプルに生かしたもの。
サトイモにタラを加えたコロッケなど、意外な組み合わせでひと工夫凝らした料理が並びます。
ワインとの相性もぴったりです。

里芋とたらのコロッケ1個130円、新玉ねぎと砂ズリの炒めもの400円(約80g)、レンコンと菊芋と菜の花のサラダ350円(約80g)
イートインならその日のデリ4種ほどから3つを選んで、盛り合わせ500円で提供しています。
グラスワイン400円~と一緒に楽しんで。


マフィンやパウンドケーキ、クッキーなど焼き菓子も豊富。
素朴なルックスながら、バターを植物油に変えたり、米粉をブレンドしたり、体にやさしいアレンジが施されています。
3時のおやつにぜひどうぞ。


NEIGHBOR FOODのスポットDATAをみる


<元町>乾物のセレクトショップ「うおくに商店」で出会う、昔からあるいいもの
小さな商店街の一角にある乾物屋さんで、もとは1946(昭和21)年に和歌山で創業したお店です。
4代目のご夫婦が「昔から受け継がれてきたおすすめの品だけをそろえたお店をしたい」と第二の故郷、神戸で2号店を開きました。


開放的な店内には、加太のヒジキや瀬戸内産大羽イリコなど、国産の乾物のほか、醤油やお酢、ポン酢といった調味料からジャム、ドライフルーツ、お菓子まで全国から集めた品々がずらりと並びます。
特におすすめなのが山物の紀州ぶどう山椒。
和歌山産の山椒を仕入れて石臼で挽きたてを販売しています。

石臼挽き 山椒粉、なないろとうがらしなど 各缶付き 648円
山椒は和歌山が全国シェアNo.1の山物。
魚料理や味噌汁、うどんなどにひと振りするだけで引き締まった上品な味わいにしてくれます。


ご主人お手製のタワシやホウキといった棕櫚(しゅろ)製品も人気です。


うおくに商店のスポットDATAを見る


気になるお店はありましたか?
お買い物と一緒にお店の方との会話も楽しんでみてくださいね。
生産背景やおすすめの食べ方などを知れば、おいしさもひとしおです。
毎日の食卓にちょっといいものを取り入れて、元気をチャージしよう!

掲載情報は2017年4月14日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ