2017年4月28日号

毎日が楽しくなる! かわいい文具と雑貨に出会える関西のお店

桜の季節が過ぎ、新生活にも少しずつ慣れてきた頃。
新しい気持ちで、身の回りの物を新調してみませんか?
大阪・京都・神戸のかわいい文具や雑貨に出会えるお店をご紹介します。



<大阪・中之島> 本好きにはたまらない「大阪府立中之島図書館 ライブラリーショップ」
2016年4月、大阪府立中之島図書館にオープンしたライブラリーショップです。


店内には、本にまつわるアイテムを中心に、約1万点のさまざまなグッズをラインアップ。
オリジナルグッズも好評で、なかでも人気はイラストレーターのさくらいはじめさんが手掛けたブックカバーです。

大阪府立中之島図書館オリジナルブックカバー1枚270円、3枚セット756円
実際に大阪府立中之島図書館の付近によく現れるという黒猫をモチーフにしたものや、ライブラリーガールという架空のキャラクターをモチーフにした絵柄など3種類。
中之島の歴史ある建物をモチーフにした絵はがきや、3階展示室での展示に合わせたグッズなども並びます。

絵はがき1枚129円、8枚セット864円
ほかにも、本を読むことがさらに好きになるような、読書好きの心をくすぐるアイテムがいっぱい。


お隣には、北欧郷土料理・スモーブロー(オープンサンド)の専門店「スモーブローキッチン ナカノシマ」もあり、建物探訪を楽しみながら、一日中過ごせる充実のスポットです。


大阪府立中之島図書館 ライブラリーショップのスポットDATAをみる


<大阪・天満橋>レトロでキュートなだけじゃない「夜長堂」の味わい深いアイテム
2006年頃、古道具の買い付けと卸をメインで活動をはじめ、2011年頃から直営店として営業していた店舗を2016年5月にリニューアル。
店内には、大正・昭和時代の千代紙や着物の絵柄を復刻させた、レトロな手ぬぐいやペーパー、レターセットや缶バッジなどの雑貨が並びます。

夜長堂モダンJAPAN復刻ペーパー5枚入り378円、10枚入り432円
ほかではなかなか見かけないようなユニークな絵柄は「夜長堂」ならでは。

一番人気のお相撲さんのマフラータオル1,944円
「かわいいだけじゃなくて、よく見るとシュールな絵柄も多いんです。現代では真似できないような自由なデザインを楽しんでもらえたら」と店主の井上さん。
紙もののほかに、店主が骨董市で見つけた昭和30~40年代の和モダンな食器類も販売。
ガチャガチャも並ぶ店内はどこか懐かしい雰囲気が漂います。


新しく併設された販売も行うギャラリースペースも好評です。
「作家さんを通じてより多くの人につながっていく場所になれば」と井上さん。
2~3週間で替わるギャラリーの展示も楽しみに、「夜長堂」の世界にどっぷり浸ってみては。


夜長堂 のスポットDATAをみる


<京都・七条> 「URAGNO」の雑貨が運ぶ暮らしのリズム、気持ちの変化
手紙にまつわるオリジナル文具を扱う「裏具」の姉妹店です。
「裏具」は、「嬉ぐ(うらぐ)」に由来するもので、うれしい気持ちを誰かに伝えたくなるようなアイテムを展開しています。
三十三間堂近くの築100年以上という古いビルヂングを改装した「URAGNO」。


2階建ての吹き抜けになった開放感ある店内には、紙ものをはじめ、シックで和モダンな雑貨がたくさん並びます。

「TOFU」と名付けられた繊細な美しさの一筆箋4,212円
「URAGNO」では、「書くこと」から少し離れた新たな試みのアイテムも登場。

裏具オリジナルのモダンなクッションカバー(45cm×45cm)7,344円
東洋紡が開発した「折れるポリエステル」=「オリエステル」で作ったブックカバーをはじめ、京扇子の「半げしょう」と手掛けた扇子、木具師や老舗漆器店との文箱など、日本の技術や伝統工芸とコラボしたユニークなアイテムにも注目です。
柄ひとつをとっても、その背景にある物語やそこから広がる想像力など、森羅万象の目に見えないものを捉えようとする日本ならではの奥ゆかしさを大切にしているそう。


「いいものにふれると自然と丁寧な動作になったり、姿勢を正したり、日頃の心持ちも変わっていくものだと思います」とアートディレクターの佐々木さん。
新生活の新たな一歩に、いつもより少し背伸びをして、「いいもの」たちに出会ってみませんか。


URAGNO のスポットDATAをみる


<京都・五条> デザイン事務所発信の「iroiro」で雑貨も本もカフェも楽しむ
松原京極商店街に店を構えるデザイン事務所「いろいろデザイン」が手掛けるショップとカフェ、書店「YUYBOOKS」がひとつになった複合スペースです。


自分ではなかなか買わないけど、人にプレゼントしたくなるようなアイテムを中心にセレクトしています。

キュートなブタの貯金箱2,808円は鉄製でお金がたまりそう
イチオシは「いろいろデザイン」も関わっている「OF PLANTS」シリーズ。トランプのほか、2カ月ごとに発売されるカレンダーを展開しています。(トランプは現在完売中。近日中に在庫入荷予定あり。詳細は要問合せ)

植物をグラフィックデザインの視点からプロダクトに落とし込む「OF PLANTS」のカレンダー650円
季節の花が写された美しいポスターとセットになった人気アイテムです。

新発売のシンプルなフォーマットのウィークリー手帳8,424円
日付は自分で記入するタイプなので好きなタイミングで予定を書き込めます。手帳のみとレザーのケース付きの2パターンあり。
カフェスペースでは、カレーやハンバーガーなどのカフェメニューのほか、お酒に合うアラカルトを豊富に用意。


「YUYBOOKS」セレクトの本を眺めたり、雑貨を手に取ったり、カフェでのんびり過ごしたり、ついつい長居したくなる楽しい空間です。


iroiro のスポットDATAをみる


<神戸・元町> 乙女心を刺激するかわいくて洗練された「malumii」の雑貨
週末だけ営業している小さな雑貨屋さんです。
オーナーの有紀さんは手作り小物の作家さん。
もともとオーナーの作品を扱っていたお店が閉店することになり、場所を引き継いで2014年に「malumii」をオープンさせました。


自身の布小物やアクセサリーをはじめ、約10名の作家からセレクトしたアイテムは、甘すぎないデザインで大人の女性が使えるものばかり。
コラージュ作家SpicaMikaさんのレターセットや封筒類、やさしい作風のイラストレーターとmoえさんのカードなど、ペーパー文具は普段使いの品で人気です。

(手前から)とmoえさんのグリーティングカード200円、SpicaMikaさんのポストカード160円、封筒380円、レターセット450円


有紀さんのブランド「Pechi:ka」のイヤリングやピアスは丸モチーフがたくさん。


元グラフィックデザイナーがデザインする「Kurome」の靴下など使い心地のよい生活雑貨も見逃せません。


malumiiのスポットDATAをみる


<神戸・元町> 全国から選りすぐった雑貨が一堂に集う「雑貨ラボ」で日常を豊かに
暮らしに寄り添う雑貨やインテリアを提案する「雑貨よいもの研究所」が手掛けるショップです。


全国500店以上の雑貨店や100社以上ものメーカーと取り引きし、厳選したアイテムを取り扱っています。
だから、最新情報が集まり、流行のアイテムの入荷が早いのが特徴です。

(手前から)モコモコドウブツハンカチ800円、小さなポケットハンカチ700円、ガーゼハンカチ各600円
こちらは、この春新登場した挿絵画家morita MiWさんと今治のタオルメーカー「楠橋紋織」がコラボしたハンカチ。


レターセットやマスキングテープ、リバティ柄のフェミニンな印鑑ケース、コスチューム・アーティストひびのこづえさんのノートカバーなど毎日使いたい文具もたくさん。
圧巻の品ぞろえから毎日の暮らしを豊かにアップデートしてくれるアイテムを見つけて。


雑貨ラボのスポットデータをみる


気になるお店は見つかりましたか?
かわいい雑貨は見ているだけでもわくわくしますね。
毎日使う文具や雑貨を通じて、日常の楽しい瞬間を増やしてみませんか?

掲載情報は2017年4月28日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ