2017年5月26日号

今懐かしい味に再注目! 関西の絶品コッペパンのお店6選

ここ数年、じんわりとブームが続いているコッペパン。関西でも専門店がオープンするなど注目度上昇中です。定番から個性派まで絶品コッペパンが買えるお店を紹介します。


<京都・丹波口>世代を超えて愛される「まるき製パン所」の味にほっこり
京都・松原通に店を構える、創業70余年の老舗のパン屋さん。
3代目のご主人、木元陽介さんは毎朝6時30分のオープンに向けて、約60種のパンを手作りしています。


昔から変わらない味わいで世代を超えて人気を集めているのが、ロールパン。約15種類がラインアップしています。
具材となじむように仕上げたパンは、ふんわりやわらかな食感が特長。おかず系、おやつ系、どちらとも相性抜群です。

(左)ボリューム満点のコロッケロール220円
(右)朝食にぴったりのサラダロール220円


(左)自家製のあんこをたっぷり挟んだあんパン150円
(右)シンプルながらもついつい食べたくなるハムロール170円

ロールパンが店頭にない場合は、注文すればできたてを購入することもできます。
店員さんに気軽に聞いてみて。


まるき製パン所のスポットDATAをみる



<京都・烏丸>人気パン屋の新展開「Le Petit Mec OMAKE」の本格派コッペパン
京都各地にお店を構えるブーランジェリー「Le Petit Mec」。今までのフレンチスタイルとは違うパンを提案したいと、京都・池須町にあるセントラルキッチンに「Le Petit Mec OMAKE」を併設しました。


人気のロールパン、コッペパン、クリームパンは「Le Petit Mec OMAKE」限定で展開しています。
コッペパンは定番のほか季節限定など約11種がそろい、そのどれもが本格的な味わいです。
食パン生地にハチミツを加え、しっかりとした食感に仕上げたパンは、具材によって大きさを変えて成形しているとか。具材はすべて自家製にこだわっています。

(左)ボリューム満点の自家製ナポリタン194円
(中)オキハムのソーセージを使ったホットドッグ378円
(右)豚肉がたっぷりで食べごたえ抜群の焼きそばパン194円


(左)しあわせ気分に浸れる粒あん・生クリーム205円
(右)おしゃれな組み合わせのラムレーズン入り練乳クリーム194円

どれも素朴な見た目ながらもこだわりが詰まった逸品ばかり。その味わい深さにきっと驚くはず。
近くには系列店もあるので、お店をハシゴしていろんな種類のパンを楽しんでみて。


Le Petit Mec OMAKEのスポットDATAをみる



<京都・亀岡>地元の魅力満載!「カメオカハサムコッペパン」の丸型コッペ
店主の古屋曜さんは実は元会社員で、地元·亀岡の食の魅力を伝えたいと、2015年にコッペパン専門店をオープン。具材を自由に選べるコッペパンの魅力に惹かれ、今では14種以上のメニューを展開し、オーダーごとに一つひとつできたてを提供しています。


「食感を楽しみながら、いろんな種類を味わってほしい」と、ほかにはない小ぶりな丸型のバンズを独自に開発。
パン生地はオリジナルとフランスの2種類を用意しています。オリジナルは冷やして食べてもおいしく食べられる味わいで、スイーツ系に。ソフトフランスは甘さ控えめで、もっちりとした食感。温めなおしてもおいしく食べられる味わいで、おかず系にぴったりです。

(左)一番人気の亀岡牛コロッケ220円 パン窯で蒸し焼きにしたジャガイモをたっぷり使い、サクサクのコロッケに。旨みの強いソースは地元産の蛇ノ目ソースを使用しています。

(中)美山牛乳を使ったミルククリーム180円 ぷるんぷるんのミルククリームと濃厚な味わいのミルクジャムがたっぷり。

(右)生ハムと黒オリーブを使った大人のポテトサラダ190円

ほかにも、京たくあんや香ばしキャラメルなど、ここだけのメニューがたくさん。
店主ひとりが切り盛りしているため、購入は1家族8個まで(亀岡牛コロッケは4個)。
平日でも混雑することが多いので、事前予約がおすすめです。


カメオカハサムコッペパンのスポットDATAをみる



<神戸・須磨>学校給食の老舗発! コッペパンの新しい食べ方を提案する「コッペ・プリュス」
神戸初のコッペパン専門店「コッペ・プリュス」は2015年5月にオープン。
垂水区の学校給食パンを約60年製造し続ける「ヒシヤ食品」がプロデュースしたお店です。


生地そのもののおいしさにこだわったコッペパンは2種類の小麦粉を使用し、給食用の大型の回転式リールオーブンで一気に焼きあげて美しい焼き色と口溶けのよさを実現。
定番と季節の具材も合わせると30種以上と豊富なラインアップ。どの具材もスタッフが一つひとつ吟味した上質なものばかりです。

(左)和風の味付けの牛すじを入れたオリジナルの自家製牛スジカレー300円
(右)近所の精肉店の焼き豚を挟んだこだわりの焼き豚サンド420円(数量限定)


(左)神戸の天然水を使った特製のあんこを使った国産白玉&お好きなあんこ250円
(右)フルーツ&ホイップ260円

注文を受けてから具材を挟んでくれるので、できたてが味わえるのもうれしいですね!


コッペ・プリュスのスポットDATAを詳しくみる



<大阪・高槻>秘伝のレシピを受け継ぐコッペパン専門店「ゆうきぱん」
岩手・盛岡の「福田パン」で経験を積み、秘伝のレシピを受け継いだご主人がオープンしました。


店内で焼きあげる少し塩気を含んだふわふわのコッペパンに、こだわりの具材をサンド。3時のおやつにぴったりの「おやつこっぺ」と、おかずものを挟んだ「おかずこっぺ」の2種類で展開する。

(左)ほどよい甘さが病みつきになるあんマーガリン170円
(右)新鮮なシャキシャキ野菜をたっぷりサンドしたサラダ290円

どれも売り切れ次第終了の人気商品なので、早めの来店がおすすめです。


ゆうきぱんのスポットDATAをみる



<大阪・天満橋>かわいい看板が目印!「コバトパン工場」の美味コッペ
素朴な形がどこか懐かしく世代を問わず愛され続けるコッペパンの専門店。専門店だけあって、「オヤツコッペ」「オカズコッペ」「揚げコッペ」など種類豊富に展開しています。


かわいらしい店内には、できたてのコッペパンがずらり!
ミルクをたっぷり使った生地は、ふわふわで甘味があり、どこか懐かしい味わいが特長です。
ほとんどのメニューに大と小があります。

(左)北海道産あずきとバターを挟んだ人気No.1のあん塩バター 大210円
(右)ぷりぷりの白身魚に自家製タルタルソースを添えた白身タルタル 大250円


(左)添えられたゆで卵にうれしさ倍増のたまご焼きそば 大260円
(右)朝食にもぴったりのたまごサラダ 大300円、小160円

ほかにも、週末のみ登場するものや、季節の果物を使った季節限定も見逃せません!


コバトパン工場のスポットDATAをみる



いかがでしたか?
スイーツ系から惣菜系まで豊富にそろい、大人も子どもも楽しめるコッペパン。
懐かしい味わいに、ほっこりやさしい気持ちになれそうです。
売り切れ次第終了のお店が多いので、早めの来店をぜひ。

掲載情報は2017年5月26日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ