2017年10月13日号

おいしい季節がやって来た!この秋食べたい旬スイーツ in 近江八幡・長浜エリア

滋賀の観光地、近江八幡・長浜エリアで食べたい秋スイーツをご紹介。芋、栗、ブドウや リンゴなど秋らしい素材を盛り込んだスイーツを集めました。注目のイベントもあわせてチェック!

<近江八幡>豊かな自然に囲まれた「ラ コリーナ近江八幡」で味わう秋の和菓子
自然に囲まれた小高い丘に、和洋菓子のショップや焼きたてのバームクーヘンが楽しめるカフェ、フードコート、田んぼなどが広がる「ラ コリーナ近江八幡」。

ラ コリーナ近江八幡
たねやとクラブハリエの商品がそろうほか、ここ限定で楽しめるスイーツも季節ごとに登場します。

この秋、メインショップのできたて工房で提供されるのが「生どら 栗」。

ラ コリーナ近江八幡 生どら 栗356円
自家製の粒あんと豊かな栗のペースト、生クリームをふんわりとした生地で挟んだ季節限定の生どらやきです。一つひとつ職人が目の前で仕上げてくれ、できたてを味わえます。

フードコートでは、ほんのり炙って提供する「みたらしだんご」や「黒みつだんご」が味わえます。

ラ コリーナ近江八幡 (左)甘辛い醤油だれをからめ、すりたてのゴマをかけた「みたらしだんご」3本390円
(右)沖縄波照間黒糖の黒蜜をたっぷりつけ、芳ばしいきな粉をかけた「黒みつだんご」3本390円

開放的な空間で豊かな自然の景色と一緒に楽しんで。


ラ コリーナ近江八幡のスポットDATAをみる




<近江八幡>米粉のおやつを手作りする「ショップ マドレ」の地元素材の生菓子
農産加工事業を手掛ける(株)東洋商会の一角にある小さな同店は、滋賀県産の無農薬のお米をスタッフ自らの手で製粉し、それを使ってお菓子を作るアンテナショップです。

ショップ マドレ
米粉で作る焼き菓子のほか、木・金・土曜には旬の食材を使った生菓子も登場します。

この秋には、リンゴの紅茶煮をのせて仕上げたチーズケーキや近江八幡の農園でとれたブドウをトッピングしたエクレアなどがラインアップ。

ショップ マドレ (手前)ブドウのエクレア302円(奥)りんごのチーズケーキ378円
※いずれも秋季限定(なくなり次第終了)

この秋には、イチジクと黒コショウのマフィン、スダチのシフォンケーキが登場します。
イチジクとスダチはスタッフの家庭菜園でとれたフレッシュなもので、なくなり次第また異なる秋の素材で作る予定です。

ショップ マドレ (手前)お米とココナッツのマフィン いちじくと黒コショウ302円(奥)しっとりこめこ100%シフォンケーキすだち410円
※いずれも秋季限定(なくなり次第終了)

店内に並ぶ、かわいい作家ものの雑貨も見逃せません。

ショップ マドレ 「hilohilo (イロイロ)」のピアス
(手前)お米のピアス4,104円(奥左)88ピアス4,104円(奥右)88ピアス4,536円


ショップ マドレのスポットDATAをみる




<能登川>エクレア専門店「Eclairer」の季節ごとに登場する旬が詰まったお菓子
静かな住宅街にありながら、週末には行列ができる人気のお店です。
一般的なエクレアの約2倍はありそうな長さは、「手で持って食べやすく、カットしてシェアできるように」という思いから。

Eclairer
種類も豊富で定番の10種類のほか、specialエクレアも3~4種類が並びます。

果物が日替わりでトッピングされる「フルーツ」やイチジクと生ハム、サワークリームを組み合わせた「いちじくと生ハム」、チョコナッツでコーティングした「ナッティーバーバナナ」など。

Eclairer (手前)フルーツ486円(中)いちじくと生ハム486円(奥)ナッティーバーバナナ378円
旬の果物がたっぷりの「フルーツ」は予約がおすすめ。「ナッティーバーバナナ」はバナナの果肉がぜいたくに入っています(ナッティーバーの中身は時季により異なります)。

この秋の新作が、ザクザクのパイ生地とエクレアがコラボしたハイブリッドスイーツ!

Eclairer (手前)スイートポテトパイ」454円(奥)アップルパイ454円
※いずれも季節限定(なくなり次第終了)

フレッシュなリンゴの食感がアクセントの「アップルパイ」とシナモンを利かせたスイートポテトを挟んだ「スイートポテトパイ」、どちらもパイ生地がトッピングされていて新しい食感が楽しめます。


EclairerのスポットDATAをみる




<長浜>芋の甘さと風味の食べ比べが楽しい! 「芋平 長浜店」の芋きんつば
昔ながらの町並みを残す北国街道沿いに店を構える「芋平 長浜店」。長浜名物のひとつ「芋きんつば」を提供しています。

芋平 長浜店
かつてポルトガル船が漂着した種子島から長浜へ鉄砲が伝来したことにちなみ、きんつばに使う芋はすべて鹿児島から品質の高いものを仕入れているそう。

ラインアップは甘味が強い安納芋をはじめ、紅隼人芋、種子島紫芋、屋久島高貴芋の4種類。

芋平 長浜店
サツマイモあんに芋パウダーをブレンドしたタレをつけて銅板でじっくり焼きあげたきんつばは、しっとりなめらかな舌触りです。

芋平 長浜店 (左から)芋きんつば 安納芋170円、紅隼人芋160円、種子島紫芋160円、屋久島高貴芋160円 ※すべて通年提供
4種類はそれぞれ甘さも風味も異なるので、食べ比べて好みの味を見つけてみて。


芋平 長浜店のスポットDATAをみる




<長浜>旬のおいしさをぜいたくに味わう「しぜん堂」のデザート
伊吹山のふもとにあるイチゴ農家しぜん堂直営のフルーツカフェ。
自社のものだけでなく、こだわって生産する農家の果物を使ったジュースやスイーツが味わえます。

しぜん堂
人気は、旬のフルーツをふんだんに味わえるサンドイッチ。

しぜん堂 フルーツサンド480円 ※通年提供(フルーツは時季により異なる)
季節のフルーツ5~7種類と生クリームを、同じ北国街道沿いにある無添加パンの「グッテンマーマ」の食パンで挟んだ逸品です。

季節限定のパフェは、米原市の「中島農園」で作られたメロンをぜいたくに使用。

しぜん堂 メロンパフェ600円 ※5月~12月頃まで提供予定
秋のメロンはとてもジューシーで甘く、ヨーグルト入りのさっぱりとした自家製ソフトクリームがマッチします。

しぜん堂 いちじくシェイク550円 ※8月~10月末頃まで提供予定
イチジクのプチプチした食感を生かしたシェイクは、甘さ控えめでゴクゴク飲めちゃいますよ。


しぜん堂のスポットDATAをみる




<注目イベント①>2017年10月8日(日)・15日(日)・29日(日)、11月5日(日)運行
ポニーの愛称で知られるC56形機関車に乗って湖北の風景に出会う旅へ

普段は京都鉄道博物館で展示されているC56形蒸気機関車が、2017年10月8日(日)・15日(日)・29日(日)、11月5日(日)の4日間、米原駅から木ノ本駅を走ります。

C56形機関車に乗って湖北の風景に出会う旅へ
車窓からは、のどかな田園風景や伊吹山、琵琶湖が望めます。さらに、煙の匂いや熱気、音などSLならではの魅力を全身で体感しましょう!

【運行DATA】
運行日:2017年10月8日(日)・15日(日)・29日(日)、11月5日(日)
運行区間・時刻:米原駅 10:09発 ⇒ 木ノ本駅 10:52着、米原駅 13:16発 ⇒ 木ノ本駅 14:00着
※ほかの停車駅もあり。
乗車料金:乗車券+座席指定券(おとな520円、こども260円)
※全席指定席
※乗車日の1カ月前の午前10時からJRの主な駅のみどりの窓口、主な旅行会社で購入できます。


2017 秋のSL北びわこ号の運行DATAをみる




<注目イベント②>2017年10月14日(土)・15日(日)開催
ジャズと一緒に街歩きを楽しむ「第9回大津ジャズフェスティバル」

「世界一美しいジャズフェスティバル」をめざす大津秋の風物詩、「大津ジャズフェスティバル(OJF)」が今年も開催されます。

「JAZZと一緒に街歩き」をコンセプトに、大津市街一帯にある教会、公園など屋内外18の会場でジャズを中心とした多ジャンルの音楽ステージを展開。

第9回大津ジャズフェスティバル 大津湖岸なぎさ公園おまつり広場
全会場無料なので、大津の街をおさんぽしながらハシゴして楽むのがおすすめ。
秋の琵琶湖を眺めながら、ジャズに浸る一日を過ごしてみませんか?

【開催DATA】
開催日:2017年10月14日(土)・15日(日)
開催時刻:11:00~20:00
開催場所:大津湖岸なぎさ公園おまつり広場ほか
料金:入場無料


第9回大津ジャズフェスティバルの開催DATAをみる




<注目イベント③>~2017年12月10日(日)開催!
多彩なイベントが盛りだくさん「国宝・彦根城築城410年祭」へ

国宝・彦根城では、築城410年と初代彦根藩主、井伊直政の養母・直虎の生涯を描いたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送を記念して「国宝・彦根城築城410年祭」が開催中です。

国宝・彦根城築城410年祭
彦根の城下町を美しい映像で再現した「プレイバック 城下町彦根シアター」など各櫓(やぐら)で開催される特別展のほか、流鏑馬(やぶさめ)やボランティアガイドによる城郭探訪など、彦根城の歴史や伝統、文化を知ることができるイベントもたくさん実施。

現在は、彦根城を舞台に繰り広げられるアートイベント「HIKONE ART CASTLE 2017(HAC)」も開催中です。

国宝・彦根城築城410年祭
現代的アートセンスで彦根城を舞台に、「城・戦国江戸期の不易流行表現」をテーマとした著名アーティストによる作品の数々を展示しています。

国宝・彦根城築城410年祭 書家、前田鎌利氏の作品
秋の休日は彦根で、歴史やアートを楽しみませんか?

【開催DATA】
開催期間:~2017年12月10日(日)
開催場所:彦根城周辺
料金:彦根城共通券(玄宮園・開国記念館を含む)一般1,000円、小中学生300円 など


国宝・彦根城築城410年祭の開催DATAをみる
HIKONE ART CASTLEの開催DATAをみる


いかがでしたか?
自然や歴史が豊かな近江八幡~長浜エリアには、旬のおいしさを味わうぜいたくなスイーツがたくさんあります。ぜひ土地ならではの魅力を楽しんでみて。

掲載情報は2017年10月13日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ