2017年11月10日号

JR&京都市営地下鉄でスマートにGO!秋の京都観光スポットおすすめ5選

紅葉の名所が数えきれないほどある京都は、シーズンになると多くの観光客などで賑わいます。紅葉が美しい社寺、カルチャースポットを紹介します。混雑しがちな道路状況に左右されない「鉄道」を利用して、秋の京都を快適にめぐりましょう。

スポット① <岡崎>拝観できるのは今だけ! 特別公開中の「金戒光明寺」へ
法然上人が初めて草庵を営んだ、浄土宗の大本山「金戒光明寺」。
2017年11月10日(金)~12月 3日(日)まで、秋の特別公開を実施していて、貴重な寺宝を拝観できます。

まずはこの時期だけ入ることができる「山門」の楼上へ。急傾斜の階段を上ると、目の前に京都市街を一望できる絶景が広がります。天気のいい日には大阪まで見渡せるそう。

金戒光明寺 山門
頭上に描かれる天井画「蟠龍図(ばんりゅうず)」も見もの。今にも動き出しそうな迫力ある龍は一見の価値ありです。山門の前後には綺麗な紅葉の風景も広がります。

紅葉スポット、枯山水庭園「紫雲の庭」のある「大方丈」も特別公開されるひとつ。

金戒光明寺 大方丈 虎の間
久保田金僊作の襖絵には、ある仕掛けが施されています。どんな仕掛けかは行ってみてからのお楽しみ。

ほかにも、運慶作と伝わる文殊菩薩像、吉備観音像(重要文化財)、伊藤若冲筆「群鶏図押絵貼屏風」の公開もあります。
広大な境内を散策して、寺宝拝観と紅葉狩りを楽しみましょう。

【開催DATA】
開催日:2017年11月10日(金)~12月 3日(日)
開催時刻:9:00~16:00(最終受付)
拝観料:御影堂・大方丈・庭園:大人600円、小学生300円、山門:大人800円、小学生400円、御影堂・大方丈・庭園・山門セット券:大人1,200円 、小学生600円
※セット券での拝観受付は15:30まで
※法要などにより拝観できない日や時間帯が生じる場合あり

【アクセス】
JR各線「京都駅」から地下鉄烏丸線「丸太町駅」乗り換え、市バス「岡崎道」下車、徒歩10分


金戒光明寺 秋の特別公開の開催DATAをみる




スポット② <東山>京都随一の紅葉スポット「東福寺」で絶景を堪能
京都に数ある紅葉の名所のなかでも随一の人気を誇る東福寺。

境内を流れる三ノ橋川沿いに約2,000本のカエデが植えられ、渓谷・洗玉澗(せんぎょくかん)を埋め尽くしています。

東福寺
なかでも一番の見どころは、通天橋からの景色。法堂と開山堂を結ぶ回廊で、洗玉澗を見下ろすことができます。
一面が朱色に染まる光景は“紅葉の雲海”と表現するのにぴったり!

東福寺 東福寺 通天橋
張り出し舞台が設けられ、シーズンにはここからの絶景を見ようと多くの人が訪れます。
通天紅葉と呼ばれる、葉が3つに分かれた珍しいカエデも。

24万㎡を超える広大な敷地には、昭和の木造建築では最大の仏殿、日本最古の三門、趣向を凝らした庭園など見どころ満載です。

【アクセス】
奈良線「東福寺駅」から徒歩10分
JR各線「京都駅」から市バス「東福寺」下車、徒歩10分


東福寺のスポットDATAをみる




スポット③ <東山>美人祈願の観音像で名高い「御寺 泉涌寺」
歴代天皇を祀る菩提寺で、皇室と縁が深いことから「御寺(みてら)」と呼ばれるお寺。

玄宗皇帝が楊貴妃の冥福を祈って造ったと伝わる楊貴妃観音像が安置されていることでも知られ、世界三大美女の美しさにあやかろうと、多くの女性客が美人祈願に訪れています。

御寺 泉涌寺
ほほ笑みかけるような穏やかで気品あるお顔を拝むと、心まで美しくなれそう。

重要文化財に指定されている仏殿は、応仁の乱の焼失後、徳川四代将軍家綱によって再建されました。

御寺 泉涌寺
運慶作と伝わる釈迦、阿弥陀、弥勒の三世三尊仏や、畳8畳分もある狩野探幽(かのうたんゆう)筆の天井絵「蟠龍図」が公開されています。

秋に訪れるなら、御座所庭園での紅葉鑑賞もおすすめ。
白砂の庭園に、色づいた紅葉と植え込みの緑が映える素敵な光景をつくり出します。

【アクセス】
奈良線「東福寺駅」から徒歩15分
JR各線「京都駅」から市バス「泉涌寺」下車、徒歩10分


御寺 泉涌寺のスポットDATAをみる




スポット④ <東山>「智積院」できらびやかな桃山文化にふれる
真言宗智山派の総本山で、多くの学僧を生み出したことから「智慧を積む寺」の別名も。

この季節には境内のあちこちでイチョウやカエデが鮮やかに色づき、秋らしい風景に出会うことができます。

智積院
散策路もたくさんあり、落葉の時期になると一面落ち葉を敷きつめたじゅうたんのよう。
道端に目を向けながら歩くのも楽しみのひとつ。

智積院には、高僧の著作や古文書、有名画家の作品など数多くの貴重な宝物が残されています。

智積院 「桜図」(国宝)
長谷川等伯作「楓図」(国宝)やその息子・久蔵の作とされる「桜図」(国宝)をはじめとした金碧障壁画が有名です。

金箔をふんだんに使った作品は、絢爛豪華な桃山文化を今に伝えています。

四季折々の花が咲く、池泉回遊式の名勝庭園の鑑賞も忘れずに。

【アクセス】
JR各線「京都駅」から市バス「東山七条」下車、徒歩3分
奈良線「東福寺駅」から京阪本線「七条駅」下車、徒歩10分


智積院のスポットDATAをみる




スポット⑤ <山科>市街地の喧騒を離れた「随心院」でゆったり紅葉狩り
本堂から表書院にかけて一面に広がる苔が美しく、「洛巽の苔寺」と称される「随心院」。

秋には大イチョウやモミジが鮮やかに色づき、市内中心地から少し離れた隠れた紅葉の名所としても人気です。

随心院
紅葉鑑賞には、本堂からの景色がおすすめ。紅葉の朱色と苔の緑、自然が織りなす美しいコントラストに心が洗われます。

絶世の美女と称される平安時代の歌人、小野小町の邸宅跡ともいわれており、庫裡の前庭には歌碑が立っています。

随心院
境内には小町が朝夕、姿を映した「化粧井戸」や1,000通の恋文を埋めた「文塚」などロマンチックなエピソードのあるスポットも。

ライトアップも開催され、昼とは違う厳かな雰囲気に包まれます。

【夜間ライトアップ開催DATA】
開催期間:2017年11月17日(金)~12月3日(日)
開催時刻:18:00~20:30

【アクセス】
琵琶湖線「山科駅」から地下鉄東西線「小野駅」下車、徒歩10分


随心院のスポットDATAをみる




スポット⑥ 木島櫻谷(このしまおうこく)生誕140年記念「ぐるっと木島櫻谷3館連携企画」をめぐろう
この秋、近代京都を代表する日本画家・木島櫻谷の生誕140年を記念して、泉屋博古館、京都文化博物館、櫻谷文庫の3館で、展覧会と邸宅の特別公開が開催中です。

木島櫻谷 (左)『獅子図』昭和時代 櫻谷文庫(中)木島櫻谷旧邸 洋館階段(右)『孔雀図』大正時代 京都府蔵(京都文化博物館管理) ※『孔雀図』は京都文化博物館にて前期展示(~2017年12月10日)
1877(明治10)年に三条室町の商家に生まれた木島櫻谷(1877~1938)。
日本画家・今尾景年のもとで画技を学ぶかたわら、儒学者で本草学者の山本渓愚(章夫)について漢籍を学びました。伝統の中に新しい感性を吹き込んだ画風は、技術が光る写実、優美で温和な雰囲気を特徴的とし、20代から人気を獲得。特に高く評価されたのが、孔雀や獅子などを描いた動物画です。

泉屋博古館の特別展では、受賞作「かりくら」の修復後初公開をはじめ、新発見された未公開作品など貴重な動物画の数々を一挙に公開。

衣笠にある櫻谷文庫は、1912(大正元)年頃に櫻谷自ら設計に関わり建造したもので、貴重な近代建築として、2017年に京都市指定文化財に指定されました。画家の世界観を今に伝える近代建築は必見です。邸宅の佇まいとともに、未紹介の下絵や写生も紹介します。

さらに、京都文化博物館では、櫻谷生家の近くにある旧家から新たに京都府に寄贈された作品群をまとめて展示・紹介します。

この貴重な機会に、3館をじっくりめぐって、櫻谷の繊細で華麗な世界を堪能しましょう。

【開催DATA】
●泉屋博古館「特別展 木島櫻谷 ―近代動物画の冒険」
開催期間:~2017年12月3日(日)※月曜休館
開館時間:10:00~17:00(最終入館16:30)
入館料:一般800円、大高生600円、中学生350円、小学生以下無料
アクセス:JR各線「京都駅」から地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」乗り換え、地下鉄東西線「蹴上駅」下車、徒歩16分 または、JR各線「京都駅」から市バス「宮ノ前町」下車すぐ

●公益財団法人 櫻谷文庫「京都市指定文化財 木島櫻谷旧邸 特別公開」
開催期間:~2017年12月3日(日)の金~日曜、祝日
開館時間:10:00~16:00(最終受付)
見学料:大人600円、小学生300円
アクセス:嵯峨野線「円町駅」乗り換え、市バス「北野白梅町」下車、徒歩10分

●京都文化博物館「総合展示 木島櫻谷の世界」
開催期間:~2017年12月24日(日)※月曜休館
開館時間:10:00~19:30(最終入室19:00)
入場料:一般500円、大学生400円、高校生以下無料
アクセス:JR各線「京都駅」から地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」下車、徒歩3分


ぐるっと木島櫻谷3館連携企画の開催DATAをみる




スポット⑦ <烏丸御池>「京都国際マンガミュージアム」でマンガ三昧!
2006年に日本初の総合的なマンガミュージアムとして開館。
江戸期の戯画浮世絵から現代の人気作品、海外作品まで約30万点を収集、保管、公開しています。

モダンレトロな雰囲気漂う建物は、昭和初期に建てられた元小学校を改修、増築したもの。

京都国際マンガミュージアム
書架に並ぶマンガは、館内どこでも自由に閲覧可能です。
天気のいい日には芝生にゴロンと寝転がって、気の向くままにマンガに読みふけってみては?

1階から3階にわたって広がる、総延長約200mの書架「マンガの壁」にはマンガ本がぎっしり!

京都国際マンガミュージアム
1970年以降の作品約5万冊が、年代、ジャンル別に配置されています。
マンガ好きはもちろん、そうでない人でもテンションがあがる圧巻の光景です。

カフェも併設しているので、散策途中の休憩として立ち寄ってみて。

【アクセス】
JR各線「京都駅」から地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」下車、徒歩2分


京都国際マンガミュージアムのスポットDATAをみる




スポット⑧ <太秦>忍者に扮したリラックマが「東映太秦映画村」にやって来る
京都の観光名所では、大人気キャラクター、リラックマ誕生15周年を記念した「リラックマごゆるり京都」を開催中。

東映太秦映画村
時代劇の世界を体験できるテーマパーク「東映太秦映画村」では、土・日・祝と12月29日(金)から1月4日(木)忍者に扮したリラックマが登場します。

東映太秦映画村
「立体迷路 忍者の砦」にはリラックマコースが設けられ、隠れたリラックマたちを探しながらゴールをめざします。

ほかにも、ふれあいタイムや「ごゆるりトリップ〜伝説のお宝を探せ〜」、コラボグッズ販売など楽しみいっぱい。
いろんなポーズをしたイラストパネルも点在するので、記念撮影をぜひ。

また、村内の食事処では、リラックマをイメージした特別メニューが登場します。
メニューを注文するとオリジナルコースターがもらえるうれしい特典も!

【開催DATA】
開催期間:~2018年1⽉8⽇(⽉・祝)
開催場所:東映太秦映画村ほか、嵐山駅、嵐山 りらっくま茶房 など

【アクセス】
嵯峨野線「太秦駅」から徒歩5分


リラックマごゆるり京都の開催DATAをみる


いかがでしたか?
紅葉やイベントなど秋の京都は魅力がいっぱい!
電車とバスを上手に使って快適におでかけを楽しんでくださいね。

掲載情報は2017年11月10日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ