2018年1月5日号
特別公開、あったかスイーツ、限定みやげ…etc 冬の京都でできること

今だけの特別公開を訪れる

冬の京都では、貴重な文化財を特別公開中。美しい襖絵などに出会える伏見稲荷大社をご紹介。大河ドラマで注目の西郷隆盛ゆかりの社寺も要チェック。
奈良線「稲荷駅」
伏見稲荷大社 御茶屋
千本鳥居で名高い「お稲荷さん」の御茶屋
五穀豊穣、商売繁昌の神として信仰される日本全国にある稲荷神社の総本宮。京の冬の旅にて9年ぶりに特別公開する御茶屋(重要文化財)は、1641(寛永18)年に後水尾院より御所の古御殿の一部を拝領されたものです。



「伏見稲荷大社 御茶屋」を詳しくみる
周辺のおすすめ立ち寄りスポット
奈良線「稲荷駅」
瑞石庵

お家のような空間で体にいい自然薯料理を
宮崎産のアクの少ない自然薯を使ったヘルシー料理が楽しめます。ほかにもバターを使わないグラタン、平飼い有機卵で作るだし巻きなど、とことん“体にいい”にこだわるメニューを提供。築100年の民家を利用した店内は、お家のようにくつろげると評判です。
「瑞石庵」を詳しくみる

開放的な空気漂うカフェでほっとひと息
本格エスプレッソマシーンで淹れるスペシャルティコーヒーが味わえるカフェ。素材の味を生かすなど、スイーツにもこだわっています。天気がよければ、緑あふれるテラス席で過ごすのがおすすめです。
奈良線「稲荷駅」
Vermillion-cafe.
「Vermillion-cafe.」を詳しくみる
大河ドラマ「西郷どん」で注目!西郷隆盛ゆかりの社寺も特別公開中
西郷隆盛を主人公とした大河ドラマ「西郷(せご)どん」放送がスタート予定。それにちなんで、「京の冬の旅」では幕末・明治維新や西郷隆盛ゆかりの寺院など、通常非公開の文化財を期間限定で特別公開しています。
京の冬の旅2018 公開期間:2018年1月6日(土)〜3月18日(日)

奈良線「東福寺駅」から京阪
清水寺 成就院
西郷隆盛も訪れた名勝「月の庭」
清水寺の塔頭寺院。幕末の勤王僧として知られた月照上人とその実弟・信海上人が住職を務めたことで知られ、ここで西郷隆盛や近衛忠煕らが集まって密談が行われたといわれています。安政の大獄で幕府から追われて鹿児島湾で入水した折に、西郷隆盛と月照上人が身に着けていたという衣や、月照・信海両上人の木像など、ゆかりの寺宝も要チェック!

奈良線「東福寺駅」から京阪
大黒寺
寺田屋事件をしのぶ出世開運の「薩摩寺」
幕末動乱の舞台となった伏見に立つ、通称「薩摩寺」と呼ばれる真言宗の寺院。江戸初期、薩摩藩邸が近くに置かれ、薩摩藩主・島津家の守り本尊である大黒天が祀られていたことから、藩の祈祷所とされました。幕末に西郷隆盛や大久保利通がたびたび集い、会談を行ったとされる部屋が残ります。志士たちゆかりの書や歌、肖像なども特別展示されます。

奈良線「東福寺駅」
東福寺 即宗院
関白の山荘跡西郷自筆の「東征戦亡の碑」
室町時代に薩摩の守護大名・島津氏久の菩提を弔うため創建された東福寺の塔頭寺院。薩摩藩士・西郷隆盛と幕末の勤王僧・月照上人がここで倒幕計画を練り、鳥羽伏見の戦いでは薩摩軍が寺の裏山山頂から洛中に向かって砲撃を加えたと伝わります。本堂では島津家ゆかりの火鉢や重箱、徳川15代将軍慶喜筆の掛け軸などの寺宝が特別展示されます。
特別公開情報をもっと知りたいならこちらをチェック!
第52回 京の冬の旅

掲載情報は2018年1月5日配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
徒歩での所要時間は80m=1分での概測です。
乗り物の所要時間は、土休日ダイヤの最速時間です。乗り換え時間・待ち時間は含みません。時間帯、交通事情、利用する駅またはバス停により異なります。
料金は税込表記を基本としています。

おすすめ記事

    コインを集めてプレゼントをゲットしよう!
    今月のプレゼント
    AppStoreからダウンロード
    GooglePlayでアプリをチェック
    アプリ詳細へ
    今は設定しない